QLOOKアクセス解析

This Archive : 2010年01月

戦う司書 The Book of Bantorra 第17話

2010.01.29 *Fri
帰ってきた男。

こうして改めて見てると、ヴォルケンは正統派の主人公キャラなんですよね。暑苦しいほどに正義を信じていて、体当たりで信念を貫こうとして。でもこの作品の世界では、彼は浮いてしまう存在なんですよね・・・。
スポンサーサイト



拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

2010年冬の新アニメの感想

2010.01.27 *Wed
いつものように、各作品の1話あたりの感想はまとめて書くことにしました。
新作の数が多くてこの書き方に落ち着いたものの、こんなに数が減っちゃうとさすがに寂しいですね。
とりあえず一つでも好みの作品に出会えればいいな、と思います。

27日追記。 拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

4回転勝負!

2010.01.23 *Sat
フィギュアの欧州選手権が行われてますが、男子はとっても楽しそうですね~。

あまりに重力を無視した凄さで、宇宙人だの変態だのと(愛を込めて)呼ばれるようになってしまったプルシェンコが、長いブランクとケガを押して復活してきてくれたことで、これまでの大技自粛ムードが一変してくれました。それにランビエールが復帰してたことも初めて知ったので、こちらもすごく嬉しかったです。

プルシェンコはもうほんと凄すぎる。メダルを狙える位置にいた選手にとっては「オリンピックシーズンに復帰してくるなんてあんまりやろー」って感じかもしれないですが、気楽にテレビ視聴なファンとしては、またプルシェンコの演技が見れるのが素直に嬉しいし、スポーツとしてのフィギュアが帰ってきた気もしてます。

冒険をするメリットもなく、無難にミスなく終われれば高得点。あとは国同士の兼ね合いで決まる勝敗なんか、見てても全く面白くないんですよね。選手はこの採点方法の中で勝とうと頑張ってるだけで、選手自身が悪いわけではないんだけど、やっぱりスポーツである以上、大技に挑戦した選手に勝ってほしいです。

なので嘘のように4回転をサラッと決めてしまったプルシェンコが優勝したのはほんとに嬉しい。けどこんなルールおかしいやろーて状態の中でも、ずっとしぶとく4回転に挑んで上位に食いこんできてくれた、ジュベールとベルネルにも頑張ってほしいです。特にベルネルは死亡フラグを立てる癖をどうにかすれば・・・。

女子は現状維持で行くんだろうから、男子はガンガン攻めていってほしいですね。
あれ、こんなに長くなってしまった・・・。ここからは個別の選手の感想です。 拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

銀魂 第192話

2010.01.23 *Sat
いい女は陰で褒める。

スタッフはバカ皇子のアフレコネタ大好きですね。かくいう私もこのネタが大好きなもので、冒頭にこのネタを突っこまれてしまうと、どうしていいのか分からなくなります。(色んな意味で)ありがとう坂口さん・・・。 拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

戦う司書 The Book of Bantorra 第16話

2010.01.21 *Thu
仁義と現実。

今回の主人公は戦うヤクザことミンスさん。回によって主人公が代わるこの作品にあっても、ミンスは主人公のサポート役として現場に赴くことが多いので、そこそこ登場回数は多いキャラの印象があります。 拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (3)  EDIT | 

戦う司書 The Book of Bantorra 第15話

2010.01.16 *Sat
踊る女優。

主演女優2人が命がけで話を進行させる舞台の裏で、どす黒い大人たちはろくなことを考えません。正しい者が勝つのではなく、強い者が勝つのは当然といえば当然なんだけど、なんとも後味悪いですね。 拍手する
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

戦う司書 The Book of Bantorra 第13話・第14話

2010.01.16 *Sat
舞台開演。

前回からほぼ3週間も間が空いたんだから、そりゃ名前も忘れるよね!とりあえず名前を思い出そうと頑張ったら、佐藤さんしか浮かんでこなかったのも私だけじゃないよね!!こんな感じで視聴再開です。 拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

2009年のアニメ10本

2010.01.07 *Thu
2009年中に放送していたアニメ作品の中から、印象に残った10本を選んでみようかと思います。対象になるのは2009年に最終回を迎えた作品で、なおかつ全話見ていた作品ということにしました。条件に当てはまる作品は計18作品。・・・多いんだか少ないんだか私にも分かりません。 拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

青い文学 第12話「地獄変」(最終話)

2010.01.04 *Mon
反逆の良秀。

アニメ青い文学シリーズのトリを務めるのは、こちらも芥川作品の短編から「地獄変」。アニメでは「蜘蛛の糸」と「地獄変」は同じ世界観で語られたので、原作の日本的な世界は異国風味な世界に変わりました。 拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

青い文学 第11話「蜘蛛の糸」

2010.01.03 *Sun
反逆のカンダダ。

最終回は芥川作品の2本立てスペシャルで、まず前半は「蜘蛛の糸」から始まりました。原作自体があっけないくらいに短いので、どこの部分で尺を使っていくのか、個人的に期待値が高かった作品です。 拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

獣の奏者エリン 第50話(最終話)

2010.01.02 *Sat
エリンとリラン。

最終回も純真な子供が見たら泣いて逃げだしそうな場面はあったけど、エリンとリランの物語として、そしてエリンとソヨンの物語として、この作品が大事にしたかった部分は伝わってくる最終回だったと思います。 拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (7)  EDIT | 

新年のごあいさつ

2010.01.01 *Fri
新年あけましておめでとうございます!

うちのようなブログに来てくださった方、コメントやTBを残してくれた方、そしてリアルのしんどさを、一時でも忘れさせてくれるものを創りだしてくれた全ての方へ、昨年は本当に色々とありがとうございました。

私は思ったままに書いてスッキリするために、このブログを始めたようなもんなので、うちの感想は愚痴が多めだったりします。けどこんなこと書いて不快に思う方もいるかなぁと不安になりながらも、拍手やコメントでアクションが返ってきたときの嬉しさは、ほっこり気分でブログを続けるパワーになります。

・・・うん、とにかく去年は読んでくれてありがとう、今年もよろしくお願いしますってことで。
なんか最後ぐだぐだですみません~。
今年は酒に飲まれないぞ~。                  
                                                    完 拍手する
COMMENT (4)  TRACKBACK (4)  EDIT | 



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

12 ≪│2010/01│≫ 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル