QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

GIANT KILLING 第12話

2010.06.27 *Sun
得点!

遂に試合が動きました。最終ラインで名古屋の攻撃を跳ね返すETUと、攻めてるのにいい形にならない名古屋、というもどかしい状態を動かしたのは、名古屋ブラジル人トリオで一番地味な男!!(←失礼)
ぺぺはあの通り自由奔放でメロンパンもぐもぐだし、ゼウベルトもぺぺと周りとの繋ぎ役で目立ってるのに対して、カルロスはどうしても地味な印象がありました。正直カルロスという名前さえ初めて覚えry

けどこのカルロスこそが、名古屋の生命線なんですね。本人の性格は割と控えめなんだけど、攻撃陣が自由に打てる形にしてたのもカルロスだし、守備の指揮を取ってるのもカルロスだったということで、なんかよく分からないけど凄いなカルロス、という感じでした。ジーノは地味に重要な働きしてたんですね・・・。

カルロスが前線に上がってきてシュートまで行かれても、カルロス自身は直接ゴールを狙わずに、ぺぺにパスしてシュートを打たせる流れになることも、達海は読んでたみたいですね。そら板垣さんも怒るわ。

そしてカルロス不在で薄くなった守備を突いて、ETUがカウンターを仕掛けます。赤崎が打ったシュートはGKに弾かれて、サポーターがため息をつきかけたとき、走りこんできた椿が決めるという劇的な展開で。

いやぁ、椿は負傷退場しちゃうのかと思ってたけど、見事に得点決めてくれましたね~!!・・・ただ、シュートそのものには興奮したんだけど、あんまり引っ張られすぎてしまうと萎えてしまった乙女心。回想もやけに長かったし、ピープー音アレンジされたOP曲も緊張感なかったし、なんかもったいなかったです。

なので今回一番印象に残ったのは、まっちゃんが感慨深そうに「あんなに直感的な選手だったのに、今ではデータ重視の監督になったんだなぁ」て呟いてた場面でした。私は自分が応援してた選手が監督に、という経験はまだ無いけど、こういう「大きくなって帰ってきたなぁ」という心境は分かる気がします。

つーか感想上げるのギリギリになってきた。


GIANT KILLING 01 キックオフ特別フ゜ライス [DVD]GIANT KILLING 01 キックオフ特別フ゜ライス [DVD]
(2010/07/21)
関智一水島大宙

商品詳細を見る
顔ェ・・・。
拍手する
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

やっぱりアニメはテンポが大事です
まさか名古屋戦に4話も使うとは。頭の回想を削っていれば、とっくに終わっているはず
なんですけどね~。ここにきて、えらいテンポが悪くなって、アニメではどこまでやるの
か予想がつかなくなりました。

サッカーで一番得点する(あるいは失点する)シーンが多いのは、相手からボールを奪
い素早く前線へ持っていく時ですね。今ではNHK一解説が面白くないと言われている
山本昌邦氏もアテネオリンピック時には15秒ルールというのを提唱していたぐらいで
すから。

達海が一番怖いのはカルロスだと言っているのは、ボールを奪取して素早く前線へ送
る攻守の要だからです。カルロスからゼウベルトへのパスコースを防いでいたのは、
攻守が入れ替わる時に素早くゼウベルトへのボール供給を絶っていたんですね。
そして、ついでにカルロスを前線へ釣る布石にもしていた訳です。
(相手の守備ブロックが整っていない内にゼウベルトにボールが渡る事によってテンポ
 が良い攻撃が出来た訳です。逆に、パスコースを防がれて、サイドからワンクッション
 置いてしまうと相手の守備ブロックが整ってしまい、結果的に攻撃のテンポが悪くなる
 んですよね)

カウンター戦術と一言で済ませてしまえば単純ですが、このカウンターというのは色々
な要素があって始めて成り立つ戦術なんですよ。
ボールを奪った瞬間に前線の選手が動いては間に合いません。TV中継ではボールを
中心に映しているので分かり辛いですが、うまくカウンターが機能する時は、前線の選
手はボールを奪う前に既に動いています。
これは攻撃陣がどれぐらいDF陣を信頼しているかに掛かっています。これがないと、
攻撃陣も下がって守備をしてしまい、せっかくボールを奪っても前線に人がいないので、
カウンターが出来る状況ではありません。
(さらに自陣から走る距離が長いと、相手ゴール前にに付く頃にはヘトヘトになって、プレー
 する余力がなくなります)
「うちのDF陣なら必ずボールを奪ってくれる」という信頼の元、攻撃陣は相手のゴール
に向かって走り始めるんですよね。チーム全員が守りに入ってしまったらカウンター戦
術は成り立たないです。カルロスまで上がって来て、自陣が攻撃にさらされている時で
も守備の為に下がらずに前線に上がり続けるのは、DF陣の信頼と監督への信頼、攻
撃に対する明確な意思がないと出来ない事です。

このカウンター戦術は、守備側だけでなく攻撃側もDFに対する信頼の構築が必要であり、
達海が今までやって来たチームの意識改革の集大成でもあったのです。

ですから、何時もDF陣に文句を言っている赤崎は、心の奥では実はDF陣を信頼している
というツンデレさんだと思ってください(笑
2010/06/27(日) 03:05:40 | URL | シーフォ #Zr2/WiYY [Edit
>シーフォさん
確かに今までの試合は場面が短かったので、それと比べるとちょっと長く感じました。
サッカーは切りどころが難しいのかなぁ、なんて無理矢理納得させてますが(^^;

カルロスの役割についての解説、ありがとうございます!
カルロスが重要視されてる理由については、カルロスがやったる感出してDF陣を引き
つけてたからなのかなぁ、なんてぼんやり想像してたんですが、本当に警戒されてた
のはカルロスのスピードなんですね。ジーノの働きも納得です。

そして赤崎はツンデレだった、と(笑)
そう言われてみると、守備に下がりたい気持ちを抑えて、味方がボールを奪ってくれ
るのを待つというのは、味方への信頼がないと出来ないことですね。赤崎は間違った
ことは言ってなかった気がするし、なんだか親近感を持ってしまいました!

コメントありがとうございました。
2010/06/28(月) 22:45:18 | URL | 茶葉 #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。