QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

FIFAワールドカップ2010 回想記

2010.07.16 *Fri
せっかく今までになく(私にしては)ガッツリ見たワールドカップなので、思いつくままキーワードをひねり出して、そこから今大会の出来事についての回想をしていきます。そして祭りの後の寂しさを紛らわ(ry
”ごめんね日本代表”

正直大会前は、カメルーンには引き分けられたとしても、オランダとデンマークには勝てないと思ってたので、今大会の日本代表の躍進には本当に驚かされました。特に監督の采配には文句言いまくったし。

それがいざ始まってみたら、2勝1敗の1引き分けという立派な成績なんだもの。それにこの結果以上に胸をうったのは、チームとして団結してる姿や、選手一人一人から伝わってくる向上心。結果はベスト16でパラグアイに惜敗だったけど、これからの日本サッカーに多いに希望が持てる姿を見せてくれました。

”記憶に残った国々”

メキシコ
メキシコは日本人に近いような体格とか顔の人が多くて、結構どの競技でも注目してる国です。このチームはとにかくブランコに存在感がありました。大ベテランと言ってもいいはずの年齢で、確かに運動量では劣る部分もあったのに、チームの劣勢ムードを跳ね返すわ、自分でゴール決めるわで大活躍でした。

アメリカ
とにかく粘り強くて、絶対に最後の最後まであきらめない、奪われたものは奪いかえす!!そんな力強い精神力を見せ付けられました。スロベニアとの試合では公式から「あれゴールだったわ」という声明が出たほど、明確なシュートだったのにそれを認められずに泣いたことも。ドノバン不屈すぎるよドノバン。

ドイツ
若手の躍動とベテランの存在感が光ってました。カウンターの威力も凄かったけど、決してそれだけではなく、中盤で自らボールをかっさらいに行ったと思ったら、あっという間にゴールしちゃう速攻力に惚れた!!個人的には今大会のベストチームであり、シュバインシュタイガーは今大会のMVPだと思ってます。

パラグアイ
本当に日本がやりたかったことを実現してたチームですね。守備力では日本も負けてなかったけど、身体の強さ、技術力、攻撃力。それに日本戦でPKを外してしまった駒野さんに、パラグアイの選手が駆け寄って言葉をかけていたことと、日本戦後のインタビューで「日本のためにも」とか言ってたのに泣いた。

ニュージーランド
失礼ながら今大会最弱国と思ってました。サラリーマンをやってる選手や、国内リーグの選手が中心のチームなのに、終わってみれば一敗もしてないという。攻撃パターンは少なかったかもしれないけど、大事なところで点を決めるわ、GKが決定的なシュート止めまくるわで、今大会一番のサプライズでした。

チリ
とにかく攻撃することを止めない、優位に立っても守ることをしない、試合終了まで攻め続ける!!そんな姿勢が凄く気持ちよかったです。南米勢で一番驚いたのはこのチームだったかもしれないなぁ。リスクを恐れず人数をかけて攻撃するし、カウンターやられたら超特急で全員が戻るし、運動量も相当でしたね。

この他にもスペイン、オランダ、ウルグアイの上位陣も印象深かったです。

”ブブゼラ大勝利”
数年後にこの大会を思い出すとき、何を思い出すかと言われれば、多分ブブゼラの大音量を思い出すと思います。選手同士や監督との意思疎通を困難にし、観客の鼓膜まで破壊しにかかるという・・・。観客席で歌い踊るアフリカらしい光景があっただけに、正直ブブゼラは禁止にしてほしかったです。

”高地+ジャブラニ”
これは単純に、ミドルシュートや直接FKが出にくかったことが残念でした。どれだけ扱いづらいボールだったかは、選手じゃないと分からないけど、ゴールが少なかったということはそういうことなのかな、と。

”誤審問題”
数年後にこの大会を思い出すとき、何を思い出すかと言われれば、多分誤審の多さを思(ry微妙な判定どころではなく、明らかにゴールラインを割ってるシュートが認められなかったり、模範的オフサイドのようなシュートが認められたりして、不運に見舞われた国が多かったのが気の毒でした。W杯でこれは・・・。

”マラドーナとパウル君”
数年後にこの大会を思い出すとき、何を思い出すかと言われれば、多分マ(ry大会前のマラドーナは正直好きになれなかったけど、大会が始まってからのマラドーナの、あくまで選手を想う発言や、ファンを楽しませてくれるサービス精神、ほっといたらピッチに出ちゃいそうなサッカー小僧っぷりに萌えました。

そしてアルゼンチンの敗退後は、パウル君が大会を盛り上げてくれました。ドイツ戦の勝敗を全部的中させただけではなく、決勝の勝敗まで的中させてしまったのが凄い。この結果にパウル君に罪は無いのです。

”国を背負う重み”
代表よりも自分のプライド重視だったフランスと、不和を見事に修復したイングランドは、なんとも対照的だったように思いました。フランスは最後までピッチ外の話題だけ振りまいて去っていったけど、イングランドではもめ事の発端となったテリーが、本当に体を投げ出して守備していた姿には感動しました。

”ベンチから見た試合”
今大会でいいなぁと思ったのが、登録選手の全員がベンチに入れたこと。今までのW杯でもやってたのかもしれないけど、試合には出れなくても、ベンチから直接試合を見ることが出来るので、若い選手にはもの凄い刺激になりますよね。特に、ベッカムがスーツ姿でベンチから試合を見守ってた姿は感動しました。

”音楽”
こういう世界的なスポーツイベントだと、有名歌手が楽曲を提供したりするのが楽しいですね。前回大会に続いて公式曲になったシャキーラの曲は聴きまくったし(←PVにはメッシやピケ等の選手が出てます)、ケイナーンの曲も、アフリカの方なだけあって、とてもアフリカらしくテンション上がる曲で大好きでした。


長々と書いてしまったけど、とにかくサッカーってやっぱり楽しい!!てことでした。守備的な戦術が猛威を振るった大会で、最終的には攻撃にこだわるスペインが優勝したことも、なんともドラマチックな結末で良かったです。オランダも本来のサッカーは楽しいはずなので、またそういう試合が見たいですね。

では最後に、サッカーをふわっとしか理解してない私の、ふわふわっとした感想にここまで付き合ってくださり、本当にありがとうございました!これからは(あんまり放送自体無いけど)Jリーグを応援するぞ!!


2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ オフィシャルBlu-ray 優勝国 栄光への軌跡(仮)2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ オフィシャルBlu-ray 優勝国 栄光への軌跡(仮)
(2010/11/10)
スポーツ

商品詳細を見る
拍手する
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Jリーグのチームは何処を応援するのですか?
最近は海外のサッカーが手軽に観れるせいか、W杯では試合内容で感動するというのは薄れつつ
ありますね。試合内容だけで観るのならナショナルチームのW杯よりも、クラブチームのCLの
方が良い試合をしています。
W杯は試合内容ではなく、試合の重さを観る大会だと思っています。国民のあらゆる感情を背負
い、一試合一試合が物凄く重い試合。それらの背景を一緒くたに観る大会なんじゃないかと。
日本の試合も第三者が観れば面白くない内容かもしれませんが、日本人や対戦国の人達が観れば、
冷静には観れません。試合が終われば、色々と語ったり感想を言えますが、試合中は自陣に相手
がボールを持って入ってくるだけで心が押し潰されそうになったり、逆に相手のゴールに迫れば、
「撃て、入れろ」という言葉しか出て来ません。

今大会で観ていて面白かったのはやっぱりアメリカですね。W杯は負けないサッカーが主流にな
っているのに、ノーガードでの殴り合いを貫き、毎試合崖っぷちでした。相手国も最初は守備重
視で入っていたのに、最終的にはアメリカのペースに乗せられて殴り合いになったのは凄かった
ですね~。チームの存在自体がミラクルでしたよ(笑

後はアルゼンチンとメキシコでしょうか。前回のドイツ大会でもそうでしたが、メキシコのパス
ワークは清流で、アルゼンチンは激流でしたね。メキシコのパスワークは清流の流れの様に美し
いんですよ。逆にアルゼンチンは、激流の中でのパス回し。アルゼンチンの選手達が相手陣地へ
なだれ込み、その中でパスが交わされる様は正に激流でしたね。
今大会は両チーム共、ドイツ大会よりも完成はされていませんでしたけど、随所にらしさが観ら
れました。そして、前大会と同じく決勝トーナメント1回戦で当たった時は、「またかよ!!」
と叫んでしまいました。

Jリーグも良いですが、小・中・高や大学・社会人のサッカーも良いですよ。
やっぱり生の観戦はTV中継では観られない所まで観れて楽しいです。
(例えば、ボールがない時のFWとDF陣のラインの攻防とか、サイドバックの献身的かつ報わ
 れないオーバーラップとか(笑。特に、オーバーラップしてもボールが来なくてショボーンと
 した状態で自陣へ戻って行く様は悲哀を感じますね)

近所に競技場があるのなら是非!
2010/07/16(金) 17:42:37 | URL | シーフォ #Zr2/WiYY [Edit
>シーフォさん
確かに長い時間をかけて熟成できる分、クラブチームの方が完成度は高いですよね。
て私は地上波でやってたCLの決勝しか見てないんですが(^^;

でも勝ち進めば重圧も増すし、敗退すれば国全体からフルボッコだし、選手達の背負
うものの重みは想像するだけで怖ろしいけど、だからこそ面白いとか思っちゃいます。

サッカー人気がそこまでではないらしいアメリカの戦い方には、私も何度も楽しませ
てもらいました!相手に先制されることが多かったけど、そこからのアメリカの迫力
には、相手からしたら「嘘だろう!?」と言いたくなったんじゃないかと(笑)

あと、マラドーナで満足して省略してしまいましたが、アルゼンチンも方針が潔くて
印象的なチームでした。それに清流と激流の例えは素敵ですね!まさにそんな感じで
した!確かな技術がないと出来ないけど、やっぱりこういうサッカーは憧れます。

生観戦は楽しいですよね!競技場はちょっと遠い場所にあるんですが、たまにチャリン
コこいで高校サッカー観にいってます。選手の家族のような顔を装いながら(^^;

オーバーラップしたのにポツーンはありますね~。そのスペースを使って相手に点決め
られちゃったときなんか、気の毒すぎて見てられなかったです。でもそこがまたいい(笑)

私がいいなぁと思うチームは毎シーズン変わるんですが(^^;今季は清水エスパレス
を応援してます。放送があった数少ない試合を見たら、パスが綺麗に通る気持ちいい
サッカーをしてたし、小野さんも好きなので・・・て相変わらずふわふわな理由ですが。

コメントありがとうございました。
2010/07/17(土) 00:50:55 | URL | 茶葉 #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。