QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

GIANT KILLING 第18話

2010.08.05 *Thu
激論!

あれ、なんか話飛んだ?今回ぐらいまではFW陣のレギュラー争いの話だと思ってたけど、またチーム全体に視点が戻ってきましたね。それに作画の雰囲気もちょっと違ってたようなそうでもなかったような。
うーん、多分前回の終了時点から、結構時間が経ってたのかな。自分の記憶力を信用してないのでアレですが、境さんの出番が無かったこと、夏木のゴールへの反応(試合後)が無かったこと、世良が復帰してたこと、ジーノが欠場してたらしいことを聞いたとき、そういう話あったっけ?と不安になってしまいました。

特にFW陣の描写があっさりしてたのは意外でした。現実的に一番切羽詰った問題を抱えてる堺さんの内面や、世良が今回の活躍を見せるまでの葛藤や、ゴールを決めた夏木のその後も見たかったです。

そしてジーノが出場してなかった、という事実にもびっくりしました。なんとなくジーノは不動のポジションというか、代わりがいないようなイメージがあったけど、実際出てなかったんですね。戦略的な事情?

こんな感じで今回は戸惑う部分が多かったんですが、赤崎は今日も赤崎らしくて良かったです。若手だろうが言うべきことは言える赤崎が、とっても頼もしく見えました。ただし黒田は平等に雑に扱われる。

とにかくこの討論でお互いの問題点を指摘することが出来たし、世良が復帰してきたことで攻撃の幅も広がったようなので、いい方向に向かってはいるんでしょうね。やったる感を実感できないのが寂しいけど。

次に戦うことになる大阪ガンナーズとの試合は、かなり話数をかけて描かれていきそうな気配です。大阪の監督とソノダ君も達海との試合を楽しみにしてそうだし、代表監督も注目してることが期待感を煽ります。

大阪ガンナーズの面々は、とにかくみんなガタイがいいですね。椿っぽくキョドりがちな選手もいたし、村越さんを金髪にしたような選手もいたし、なにより超攻撃型のチームということで、今のところカウンターがメインっぽいETUとどう戦うか楽しみです。それになにやら2トップで来るらしい、というのもワクワクしますね。


NHKアニメ「GIANT KILLING」オリジナルサウンドトラック『Get Tough!』NHKアニメ「GIANT KILLING」オリジナルサウンドトラック『Get Tough!』
(2010/08/18)
TVサントラTHE CHERRY COKE$

商品詳細を見る
拍手する
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

最近、作画がちょっと不安です・・・
基本的に、色々な問題を抱えながら同時進行しているので、ここでFW陣のレギュラー争いは終わり?と思ってしまいますよね。村越の模索も継続中だし、椿の不安定さも残ったまま。それでも時間は確実に過ぎて行くのが現実的だなと思います。
FW陣の話は大阪ガンナーズ戦までなので安心してください。でも、FW陣のレギュラー争いはこの後も続いていきますが。

ジーノは太ももが張っているので欠場しています。王子は気分屋で、監督に「疲れたから休む」と平気で言っちゃう人ですから。中盤を作れる選手は王子の他にも堀田という選手が居ます。現在は控えでほんの一シーンしか登場していませんが、去年まではレギュラーだった人です。(椿がこの人のポジションを奪いました)

強いチームはスタイルが確立されているんですよね。いわゆる「勝ちパターン」という奴です。これがあると、調子が悪い時でも勝てるという強さが出てきます。名古屋の不和監督も言ってましたが、今のETU(達海監督)のやり方は、一発勝負のトーナメント的な戦い方なんですよ。このスタイルを確立するには、とにかく勝ち続けて自信と経験を積み重ねる事が大事です。
実際問題、早くても今シーズンの終盤ぐらいでやっとじゃないでしょうか?でも、所々にETUもスタイルを確立しつつあります。調子が良い時の椿のオーバーラップや、右サイドの赤崎の突破はストロングポイントです。これに守備陣が安定してくればかなり良くなるんじゃないかと思います。だから石浜と清川のサイドバックはもうちょっと頑張ろうね(笑

次回の大阪戦は、原作の中でも一番長い試合です。名古屋戦の2倍はありますよ~。
ダルファー監督とソノダ君のバカップルというか夫婦漫才は物凄く好きです。カンファレンスの時、アニメではカットされていましたが、原作では所々で漫才を繰り広げていましたよ。
後は、片山と畑の大阪弁コンビ。ゴツイくせに髪形のセットに拘るハウアー。椿と同い年だけど、受け答えにワンテンポ遅れる窪田。背番号10で司令塔なのに何か発言がズレている志村さんと、大阪の面々は濃い人が多いです。

アニメの話数的にも、この大阪戦で終了でしょうか?個人的には、大阪戦の次のメインとなる試合が一番好きだったので残念です。
2010/08/05(木) 02:12:14 | URL | シーフォ #Zr2/WiYY [Edit
>シーフォさん
シーフォさんこんばんは。
返信が遅くなってすみませんでした。

確かに、出口が見つけられないまま、時間が進んでしまうのは現実的ですよね・・・。
私はプロスポーツを題材にしたアニメ(漫画も)を見るのは初めてなので、つい短期間
で成長のきっかけを掴めるのが当たり前、という感覚になってるのかもしれないです。

でもプロの世界でもそんなに簡単に解決したら、みんな苦労はしないですよね(^^;
だからこそ、この作品の長丁場を舞台にした心境や、成長の描き方が新鮮に感じます。

それにFW陣の話が終わってないと聞いて安心しました!
ジーノの欠場の理由も納得しました。堀田さんという選手がいるんですね。選手全員を
描く尺はないだろうけど、こういう控えで頑張る選手の話も気になりますね~!!

チームのスタイルの確立には時間がかかる、というのは私でも分かる気がします。
スポーツ選手が試合後に「自信がついた」と話す場面はよく見かけますが、本当に自信
を持つって大事なんですね。自信をつけるって凄く個人的な感覚に思えるけど、堂々と
してる選手は迫力があるし、監督やチームでも同じことが言えるんでしょうね。

赤崎の突破は何気に目立ってますよね。力づくで止められてキレたりもしてますが(^^;
名古屋戦はちょっと展開が間延びしてるように感じたので、大阪戦はテンポ良く行くこ
とを期待してます。それにソノダ君は「ザ・日本人」て感じで笑ってしまいました(笑)

大阪の選手も面白そうな面子が揃ってそうですね。マッチアップするETUの選手との絡み
も含めて、締めに相応しい盛り上がりを期待しちゃってますよ^^
2010/08/08(日) 00:04:03 | URL | 茶葉 #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。