QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

GIANT KILLING 第26話(最終話)

2010.09.30 *Thu
団結!

最初の頃はみんなバラバラでチームの雰囲気も刺々しかったのに、今では代表戦でチームを離脱する若手選手を、気持ちよく送り出せる雰囲気になっていました。こういう変化には涙腺が反応せざるをえない。
大阪戦という山場を越えても、リーグ戦だのカップ戦だので試合は続きます。それでも大阪戦で勝ちムードに乗っかれたETUは、着実に勝ち点を積み上げてるようでした。というか千葉はチーム名そのまま?

それに前回の予告でも言ってた通り、赤崎は五輪代表候補に選ばれました。この赤碕を送り出すときのチームがまた良かったです。クロはわぁわぁ言いつつ背中を押して、世良は思いきりライバル心を煽られて、ジーノは通常通りで、赤碕も達海の言葉にデレずにはいられなくて。赤崎は最近デレまくりですね。

赤崎不在の影響は大きかったけど、新しい選手が出てきたのはワクワクしました。これからも代表に呼ばれそうな赤碕と、気分次第で試合を離脱するジーノの枠は、特に活発に競争が進みそうで楽しみです。

そして場面はカレーパーティーへ。達海が突発的に発案したカレーパーティーは、選手の休息のためだけではなく、クラブチームとしてのあり方を認識させられるイベントになりました。選手やスタッフが地域住民と交流することで、地元民はチームに親しみを持つし、関係者達の意識も違ってくるという意味で。

そういえば地元民との交流の仕方も、駅前でチラシ配っても(顔で)遠巻きにされるクロとか、穏やかに女性票を掴むスギさんとか、自然に子供に絡まれる椿とか、それぞれの個性が出てて面白かったです。あと有里ちゃんの割烹着姿?もかわいかったし、副会長がカレーを配膳する姿にはなぜかドキッとしました。

地元から愛されて、地元のために戦えるチームは、イギリスで達海が体験してきたクラブチームの形。多くの人が関わってることを認識して、期待を背負ってこそのクラブチームなんだ、ということが凄く伝わってきます。とっても爽やかに終わったし、本当に正しい意味で「俺達の戦いはこれからだ!!」エンドでした。

それにこのアニメがきっかけで、今までよりサッカーの楽しみ方が理解できた気がします。まだまだほんの少しですけどね。では最後に、スタッフ・キャストの皆様、本当にお疲れ様でした!そしてこのような拙い記事にコメントやTBや拍手をしてくださった方、本当にありがとうございました!!総合での放送も頑張れ!


GIANT KILLING 04 [DVD]GIANT KILLING 04 [DVD]
(2010/10/20)
関智一水島大宙

商品詳細を見る
拍手する
COMMENT (4)  TRACKBACK (9)  EDIT | 

COMMENT

のびしろ
>千葉はチーム名そのまま?
ジェフユナイテッド→ジェムユナイテッドと、微妙に変更してありますよ(笑
ガンナーズ、ヴィクトリー、グランパレス、レッドスターなどのチーム名は、原作者である綱本将也氏の「U-31」から引き継がれていたりします。

大阪戦後の話がばっさりカットされていましたね。原作では、椿と窪田が鉢合うというイベントがあったんですが。この他にも、記者の藤澤さんが椿のルーツを探るため、椿の出身地、小・中・高・大・社会人と足跡を辿った取材をしたりしています。この一連のエピソードとカレーパーティーは、次回の川崎フロンティア戦の前振りでもあるんですが、カレーパーティー以外は殆どカットされてしまいました。まあ、一話に詰め込むのは無理だし、アニメを一旦終了するにはカレーパーティーの話を持ってきたのは良かったと思います。

ジャイアントキリングでは各話でテーマがあり、名古屋戦が「DF」、大阪戦が「FW」で、次回のテーマは「のびしろ」となります。川崎フロンティア戦では、王子は例の如く太股が張っているから休みたいと言いだし、村越はカード累積で試合出場停止となり、選手層が薄い弱小クラブチームとしての問題が出てきます。
(アニメではカットされていましたが、村越も警告累積で試合出場停止になります)

少しネタばれになりますが、次回は最初の紅白戦で若手にレギュラーを奪われた「ベテラン」が主役となります。世良にレギュラーを奪われた堺良則(31)。石浜にレギュラーを奪われた石神達雄(30)。そして椿にレギュラーを奪われた堀田健二(29)。その他にもベテラン勢としては緑川宏(33)と丹波聡(31)ですね。

サッカーでは28歳あたりが肉体的ピークで、後は下降して行き、35歳以上になったら引退が視野に入ると言われています。仕事でもそれなりに経験して慣れてくると、単調な繰り返し作業になってしまい、月日が過ぎるのが早く感じてしまいます。そうなると仕事に対して守りに入ってしまい、余計な仕事はしなくなり、新しい事に挑戦するという気概もどんどん失われていきます。新たに成長する為に挑戦するのか、それともこのまま自分のやれる仕事だけに固執して終わっていくのか。私自身も色々と考えさせられた回でした。

サッカー選手としては肉体的にピークを過ぎたベテラン勢ですが、もう選手として成長する余地(のびしろ)はないのでしょうか?オリバー・ビアホフは27歳を過ぎてからセリエA得点王とドイツ代表に選出されました。久保竜彦も、身体能力は日本人離れしていると評価されていましたが、力を発揮し出したのは26歳に横浜マリノスへ移籍してからでした。
(ちなみに、ビアホフが27歳で移籍し活躍した所が現日本代表監督のザッケローニ氏が率いるウディネーゼで、同じく久保が移籍したマリノスを率いてたのが前日本代表監督の岡田氏だったりします)

ベテランと言えば、キャプテンである村越も入りますが、今回は出場停止で蚊帳の外となってます。村越の問題解決は、この時期ではないという事なんでしょうね。原作でもこの問題解決はまだ先の話になりそうですが、おそらく椿と村越の問題はセットで扱うんじゃないかと思います。椿を発掘したスカウトの笠野さんは、椿は達海の再来だと言ってました。
(無名の達海を見つけ出したのも笠野さんです)

今の椿は運動量とスピードで、使われるイメージが強い選手ですが、実は中盤の底からゲームを組み立てる事が出来るレジスタとしての能力を持っています。
(今回の赤崎が「椿の野郎、俺を走らせるなんて生意気なんだよ」と言ってますが、実はこの事の伏線でもあるんですよね。最初の紅白戦でも良い攻撃は椿が起点となっているというのも伏線ではあったんだろうと思いますけど、そんなの殆どの人は覚えていませんよ!(笑))

性格的にその能力を充分に発揮する事はまだ無理そうですが、この先、椿が成長して達海と同じ様にチームを支配してゲームを組み立てる様になったら、達海に憧れて一緒に戦いたかった村越は、達海と同じポジション、背番号、才能を持った椿を見てどう思うのでしょうか?最終的にはこの2人の関係に集約されていくんじゃないかと勝手に妄想しております(笑
2010/09/30(木) 01:01:31 | URL | シーフォ #Zr2/WiYY [Edit
>シーフォさん
>ジェムユナイテッド
ほんとに微妙な変更だったんですね(^^;
個人的に実在のチーム名がどう変わってるのかも、楽しみにして見てました。
そして「清水インパルス」を見たとき、盛大に飲んでたお茶吹きました(笑)

> 大阪戦後の話
さわりだけ聞いても、次戦の話も面白そうですね。個人的に堺さんの出番があると聞いて、俄然
見たくなりました(笑)あと丹波さんってあのワカメみたいな人ですよね?(←失礼すぎてすみ
ません^^;)このアニメは実年齢より若く見える人多いですね~。

サッカー選手って本当に現役でやれる期間が短いですよね。GKはもう少し長くやれるかもしれな
いけど、短い時間をどれだけ有効に使えるのかを、それぞれが凄く要求される職業だと思います。
それだけに、30歳で海外に渡った巻さんの言葉は、すごく胸に来たんですよね・・・。

この作品はサッカー選手や監督がメインではあるけど、仕事に対する姿勢を問われる話が多いの
で、実際自分に置きかえて見てしまいますよね。初期の椿が自分を見てるようで胃が痛んだり、
世良の潔さを見て、自分もこういう姿勢でありたいと考えさせられたり。

それに自分のことで精一杯なのに、そういう姿をなかなか見せられないベテラン勢にも、凄く思
い入れがあります。だからこそ、若手選手の体力には敵わないかもしれないけど、本人の気力が
尽きない限り、いくつになってものばせるところはあると思いたいですね。願望ですが。

>椿のレジスタとしての能力
紅白戦とは・・・。あのときは「村越は体力ないからダメ」という展開になったら、この先見て
いける自信がないなぁ~なんて思いながら見てました(^^;そこまで才能を開花させた椿と、
それを見つめる村越さん・・・。ちょっと残酷かもしれないけど、そんな展開いいですね!
2010/10/01(金) 01:04:23 | URL | 茶葉 #- [Edit
>茶葉さん
>あと丹波さんってあのワカメみたいな人ですよね?

ワカメというと、石浜も同じ様なワカメ頭なので判断に迷う所です(笑
大阪戦で、清川の交代で入った人で、悪人顔になった人と言えば分かるでしょうか?(ぉ
この人は中盤なら何処でも出来るポリバレントな選手なので、色々と重宝する人です。

>この作品はサッカー選手や監督がメインではあるけど、仕事に対する姿勢を問われる話が多いので、実際自分に置きかえて見てしまいますよね。

プロのサッカー選手と言っても、特殊な職業ではあるけど同じ社会人ですからね。組織や仕事も本質的な事は会社経営と同じだと思います。サッカーを楽しめているかという言葉は、仕事を楽しめているかにも置き換える事が出来ますよね。残念ながら、私は生活の為に仕事をしているとしか言えませんが…(^^;

ちょっと話が逸れますが、ある少年サッカーチームの試合で強豪チームと対戦した時の事です。さすがに強豪のチームらしく、組織的で無駄な要素が殆どない試合運びに、小学生なのにここまで組織的になっているなんて凄いなと感心しました。しかし、途中である子が交代され、監督はその子を呼び「何で途中で交代させられたのか言ってみろ!!」と怒鳴っていたのが印象的でした。この子達は楽しくサッカーをしているのかなと心配になったり…。大半の親御さん達は、厳しく指導してくれと言ってくれますが、ここまで厳しく指導して良いのかどうか、未だに難しい問題ですよね。

>若手選手の体力には敵わないかもしれないけど、本人の気力が尽きない限り、いくつになってものばせるところはあると思いたいですね。

私もそう思います。43歳になっても未だに現役を続けているカズがいますしね。私は昔のカズは好きではありませんでしたが、フランスW杯本戦で落とされ、サッカーに対してプロフェッショナル&ストイックになったカズが大好きですし、今でもサッカー選手として成長し続けていると思います。フランコ・バレージも94年アメリカW杯で当時35歳で決勝のブラジル戦で最高のパフォーマンスを披露しました。(しかも直前まで怪我をしていて、W杯の出場は絶望的だと言われていたんですけどね…)
現在のサッカーは極端に運動量を求められる戦術が大半を占め、運動量がないベテラン選手は直ぐに排除される傾向にありますが、ベテラン(体力がない選手)=使えない、では決してないと思います。

>そこまで才能を開花させた椿と、それを見つめる村越さん・・・。ちょっと残酷かもしれないけど、そんな展開いいですね!

いえいえ、村越だってまだまだ成長する余地はいっぱいありますよ。まだちょっと昔のキャプテン根性が出てしまい、吹っ切れていない描写があったりして、迷っているな~という所がありますけどね(笑
椿が成長する時が、同じく村越が成長する時でもあるんじゃないかと思っております。
2010/10/01(金) 02:06:21 | URL | シーフォ #Zr2/WiYY [Edit
>シーフォさん
石浜はパイナップr・・・じゃなくて(笑)
悪人顔してた人と聞いて、丹波さんの顔と名前がようやく一致しました。
丹波さん、ワカメ呼ばわりしてごめんなさい(^^;

>ある少年サッカーチームの試合
確かに難しい問題ですよね。私も似たような光景を見たことあります。外野が「まだ子供な
んだから好きにやらせてみればいいのに」と言ってみたところで、親御さんや子供を預かる
監督さんにしてみれば、他人事だからそんなことが言えるんだ、て感じになるでしょうしね。

ただ、数年前の若い世代の日本代表の試合が、みんなでバカやって凄く楽しそうなのになぜ
か強いという、なんとも理不尽な(笑)戦いをしてたので、個人的には若いうちは組織に拘
りすぎないで好きにやらせてみて、失敗したら反省するって感じでもいいと思いますけどね。

>43歳になっても未だに現役
私もカズさんのことを思い浮かべてました。
カズさんは今でも試合に出ればゴール決めてるのが凄いですよね。こういう選手に憧れるの
は凄くよく分かるし、サッカー選手じゃなくても本当に希望を持てる存在だと思います。

村越さんと成長した椿が対になったら残酷だなぁと思ったのは、村越さんが椿に置いてかれ
るからじゃないですよ。・・・ええと、ここからは完全に妄想になるんですが(^^;

村越さんは今でも達海と肩を並べてゲームしたいと思ってるんじゃないか、でも椿が達海の
後継者のような扱いになったとき、あぁ達海はもう「仲間」じゃなくて「監督」なんだなぁ、
と改めてジワッと胸が痛むんだろうか、なんてことを考えて感傷に浸ってました(^^;

でも実際の村越さんはさっさと前を向いてそうですよね。村越さんと椿の関係を通して、村
越さんと達海の関係にも触れる話があればいいなぁと思ってます。
2010/10/04(月) 00:22:15 | URL | 茶葉 #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

END怖かった(笑 というわけでジャイキリ最終回です。 最後は、町の人やフロント、選手達皆でのカレーパーティー。 このカレーパーテ...
2010/09/30(木) 00:52:47 | シュミとニチジョウ [Del
 最終回です。なんかイロイロと詰め込んでたような?  試合中の椿は赤崎を“走らせる”などして成長した? その赤崎は五輪予選のメンバーに選ばれちゃったり!  達海は自身が監督になって初の代表メンバーってコトで赤崎を激励する一方、赤崎が抜けた枠を巡っての...
2010/09/30(木) 01:12:01 | たらればブログ [Del
大阪に勝利して以来、好調なETU。そんな時、赤崎がオリンピックの日本代表に選ばれたのでした!赤崎が代表に選ばれたことで、弱小チームであるETUの知名度も上がりそうです
2010/09/30(木) 04:32:56 | 日々の記録 [Del
第26話(最終話)
2010/09/30(木) 07:28:33 | Happy☆Lucky [Del
連戦連勝が続くETU、赤崎の五輪代表選出、そしてカレーパーティー   赤崎の五輪代表選出や連日の試合と 時間軸が早く動いて、走馬燈のようでした。   最終話のメインイベントとして 達海監督の思いつきでカレーパーティーが開催されます。   地域?...
2010/09/30(木) 07:32:48 | クミロミアニメライフ [Del
大阪戦に勝利後、ETUは調子を上げていた。 将来有望の若手である椿と赤崎。決定機を外しても、難しいシュートは決める夏木。 彼らの活躍により、ETUは3連勝を飾る。
2010/09/30(木) 20:45:51 | 本隆侍照久の館 [Del
#26 「ここで決めねぇと、この先ずっとお前のあだ名、モジャモジャ野郎だかんな」 いいじゃんモジャモジャ野郎で。そう思ったのはワタ...
2010/09/30(木) 20:48:06 | ワタクシノウラガワR [Del
 今回でひとまずジャイキリアニメも最終回。ジャイキリ記事にまさか最終回と打つ日がくるとは…。なんだか寂しいです。  そんな最終回では色々ありつつも、なにやらETU全体でカレーパーティをやるようで…。一体どんなパーティになるんでしょうか。ラストの流れには...
2010/10/01(金) 03:52:17 | コツコツ一直線 [Del
セラがゴールきめて逆転勝利。そして、また別の試合。モジャモジャ野郎のナツキがゴール決めて三連勝。電話がかかってくる。アカサキがオリンピック代表メンバーに呼ばれる。ツバキ...
2011/08/21(日) 19:37:58 | ぺろぺろキャンディー [Del


Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。