QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

2010年のアニメ3本

2011.01.17 *Mon
今回は2010年の総まとめとして、昨年放送されたテレビアニメ作品から、印象に残った3本を選んでみました。昨年の記事はこちら→(2009年のアニメ10本 )

対象になるのは、2010年の1月1日~12月31日の間に最終回を迎えていて、全話を視聴できた作品です。条件に当てはまる作品は計12作品。カテゴリで言うと、戦う司書から海月姫までが対象内です。


1、銀魂(銀魂ネタバレ感想)

選出ポイント:「愉快な仲間たち」「世代限定ネタ」
春から2期が始まるとはいえ、2010年内に最終回があったので選んでみました。この作品はなんといっても男性キャラがかっこいいです。黙ってれば。それに女性キャラも嫌味がなくてかわいらしい。黙ってれば。でも普段は下ネタを連発したり、下をさらけ出したりしてるからこそ、本気出したときは凄いのだす。

そんな黙ってればかっこいい人達が、身体を張って笑わせてくれるのが楽しい。たぶん世代的には20代~30代が見てきたお笑いをベースにしてるので、その世代にはたまらんパロも盛りだくさんでした。

あぁ、このアニメの感想って結構難しい。とにかくかっこよくて面白い作品でした。パロの元ネタを知らなくても、シリアスモードのキャラのかっこよさには悶えられます。ちなみに私はえいりあん編が一番好きです。

銀魂 シーズン其ノ四13 [DVD]銀魂 シーズン其ノ四13 [DVD]
(2010/10/27)
TVアニメ

商品詳細を見る



2、さらい屋 五葉(さらい屋五葉ネタバレ感想)

選出ポイント:「時代劇の空気感」「弱者のドラマ」
地味って言うなー!私は時代劇の再放送を楽しみに学校行ってたような子供だったので、江戸の町並み、質素だけどボリューム感ある食卓、畳やふすまの質感など、舞台背景の完成度の高さに感動しました。

それにストーリーも好みでした。話のメインになるようなキャラが、総じて公には出来ない過去を持っているので、全く明るい話ではないんですけどね。個人的に印象に残ってるのは、苦労して表で生きられるようになったのに、昔の悪い仲間に脅されて、結局また裏の世界に追われることになってしまった男の話です。

以前は自分と同じ場所にいたのに、成功してしまったあいつが恨めしい、できれば引きずり落としてやりたい、自分と同じ目に合わせてやりたい。どす黒い感情だけど、そこに共感出来るからこそ、印象に残る作品なのかもしれません。ラストは綺麗すぎるかなとは思ったけど、時代劇らしい湿っぽさが良かったです。

さらい屋五葉 第一巻 [DVD]さらい屋五葉 第一巻 [DVD]
(2010/07/23)
浪川大輔、櫻井孝宏 他

商品詳細を見る



3、GIANT KILLING(GIANT KILLINGネタバレ感想)

選出ポイント:「キャラクターへの親近感」「戦術の面白さ」
正直アニメとしてはイマイチに思うことが多かったんですが、それでもストーリーとキャラクターの魅力は充分に伝わってきました。サッカーを普通にやるアニメで面白いと思えたのは、初めてだったかもしれない。

監督が主人公なので、サッカーの戦術ってこういうことだったのかとか、試合中のあの動きはこういうことだったのかとか、サッカーを内側から知ることが出来たのが面白かったです。それにプロサッカー選手と言っても悩んだり失敗したりするんだなぁ、なんて当たり前のことに改めて気付いて共感してました。

大人が成長するドラマ自体、アニメではあまり見かけない気がするんですよね。達海の言葉になんとなく頑張ろうと思えたり、こういう人になりたいなぁと思えたりして、なんだか元気がもらえた作品でした。

【NHK地上波放送記念】GIANT KILLING 01+ETUタオルマフラーセット(Amazon.co.jp限定版) [DVD]【NHK地上波放送記念】GIANT KILLING 01+ETUタオルマフラーセット(Amazon.co.jp限定版) [DVD]
(2010/10/01)
関智一、置鮎龍太郎 他

商品詳細を見る



上記の他にも、おおきく振りかぶって ~夏の大会編~、四畳半神話大系なんかも良い作品でした。
3本に入れなかったのは、弱い大人が苦しみ足掻く話が好きだからです。多分。

2010年はアニメの公式ネット配信が増えた年でした。視聴者が実際に本編を見られる機会が増えるので、凄くいいことだと思います。あとは最速との時差を埋めて、配信数も増えれば最高なんですけどね。

そして、2010年は大御所の訃報をよく聞いた年でもありました。今ほどアニメが許容されていなかった頃から、現在に至るまで最前線で活躍してこられた方々の訃報は、とても悲しく心細い気持ちになりました。

特に今敏監督の訃報には、正直今でも信じられない気持ちです。好きな映画監督は?と聞かれたとき、私が唯一答えられた名前が今敏監督でした。その衝撃は今でも消えません。規制も厳しくなっていくばかりで、アニメ界もこれからどうなっていくのか不透明ですが、先人達の功績は無駄にしてほしくないですね。
拍手する
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

こんばんは、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロでございます。いつもお世話になっております。記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。


お忙しい中、当ブログのアニメ評価企画に参加して頂き本当にありがとうございました。アニメ評価企画10の最終結果は、現在当ブログにて現在掲載中でございます。よろしければご覧になって下さいませ。

評価企画10の最終集計結果↓
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51669012.html

そして、今回も「今期終了アニメ(12月終了アニメ)を評価してみないかい?11」と題しまして、新たに評価企画を立ち上げましたので参加のお誘いに参りました。また、この企画に賛同して頂けるのであれば、参加して下さいませ。

なお、投票方法等についての詳しい事は以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51669463.html


今年も企画等で色々とお世話になると思いますが、どうかよろしくお願いいたします。宣伝大変失礼いたしました。
2011/01/17(月) 22:46:26 | URL | ピッコロ #- [Edit
>ピッコロさん
こんばんは。こちらこそお世話になっております。
まずは前回の評価企画の集計、本当にお疲れ様でした。
今回も参加させていただければと思います。

少し記事を修正した後、TBさせてもらいますね。
お誘いくださり、ありがとうございました。
2011/01/19(水) 01:04:17 | URL | 茶葉 #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。