QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

アジアカップ2011

2011.01.31 *Mon
日本優勝!!!!

起きてて良かった深夜3時!!
でも記事使い回しすぎてページが重い!!
準々決勝 日本 3-2 カタール
あぁ胃に悪い。今回も大変な試合になりました。スコアだけ見ればお互いに打ち合った面白い試合、ということになるんだろうけど、実際は審判が得点シーンに絡むことが多かったなぁ、という印象が残ってます。

アジアカップと言えば審判がとにかく目立つ大会、と言う不名誉なイメージが覆るには、まだもうしばらく時間がかかりそうですね・・・。何はともあれ開催地になったので、W杯までには改善してほしいなぁ・・・。

とは言え主役はやっぱり選手達。理不尽なジャッジ、レッド吉田、敵地ならではの観衆の圧力、だだ滑りするピッチという悪条件の中、よくぞ勝ちきってくれやした!!最後まであきらめないって大事デスヨネ!!

それに攻撃陣の奮闘はかなり胸に来ました。勝ってなかったら危なかったです。私の涙腺的な意味で。今までセンターバック張ってた先輩達の安定感が異常だっただけに、DF陣にはまだまだこれから頑張ってほしいという想いが強いけど、アジアではこういう審判はセットなので、経験するしかないですよね・・・。

しかし長谷部さんはかっこいいですね。ああいう振るまいが出来る人になりたいわ。

準決勝 日本 2-2(3PK0) 韓国
やったぁぁぁ勝ったぁぁぁぁ!!川島先生すんませんでしたぁぁぁぁぁ!!!!!

もう胸がいっぱいで言葉にならない!!韓国は本当に強かったし、最後まで攻撃し続ける気持ちの強さは感動した!本当に最後の最後で同点ゴール決められたとき、私は正直あきらめましたぁぁぁ!!!

あーだめだ言葉にならない。とにかく今は凄い試合だった、現実のサッカーの劇的さが怖い、て気持ちです。試合内容はいいところ(攻撃)もあったけど、悪いところ(守備と対応)も目立った試合でしたけどね。

てか、もうちょっとクールダウンしないと感想も書けないわ~。明日にまわすわ~。

↑試合終了直後
↓翌日


しんどいわー

凄い試合になりました。色々と煽られることが多い国との対戦になりましたが、その試合内容はとても見応えのある、本当にドラマチックな120分間でした。個人的には日韓戦では一番面白い試合だったなぁ~。両国の持ち味が充分に発揮されたし、まさにアジアトップクラスのチーム同士と胸を張れる試合です。

前半は日本が繰り広げる様々な形の攻撃にワクワクして、後半は韓国の絶対に引かない体力と精神力にヒヤヒヤしてました。特に終盤にかけての韓国の押し込みは、本当に気迫があって迫力がありました。

それに本田さんと長友さんのコンビは見てて楽しくなりますね。相手を引き寄せてキープしまくってからの~、相方の足元にピッタリ入るラストパス。相当の技術と身体の強さがないと出来ないけど、この2人にはそれが出来ちゃうんだものー。それに単独でミドルシュートも打っちゃうしー、やらしく時間も使えるしー。

また変なテンションになってきた。あ、あと長谷部さんとパク・チソンの、キャプテン同士のマッチアップも燃えましたね~。この2人はどちらも紳士的で好感度が高い受け答えをする2人ってのもあるし、どちらもチームのためにすんごい走るしすんごい身体張るという、なんとも好きなタイプの選手でやす。

あと細貝さんも良かったですね~!!小学生のときの友達に似てて親近感あるんですが(←関係ない)、PK後のこぼれ球をきっちり押し込んでくれたし、その後も危ない局面で身体張っててかっこよかったです。日本はベンチの士気も凄く高くて、結果を出せば使ってもらえるっていう監督への信頼感がありますよね。

せっかくの名試合を台無しにするような話も聞こえてきましたが、こういう後味の悪さを残すのは勘弁してもらいたいですね・・・。だからこそ、パク・チソンにはもう少し代表で頑張ってもらってほしいんですが。

なにはともあれ面白い試合でした!勝ったから言えるのかもしれないけど!
しかしロスタイム中に流れる「前半のダイジェスト」のBGMがグレンラガンだったのには燃えた。

決勝 日本 1-0 オーストラリア
びゅーりほーゴール。びゅーりほーチーム。感無量。今はこれしか書けません。元気もらった。

さて一夜明けて。
やっぱり苦労が報われる瞬間ってのは気持ちいいですね~!!なによりあのゴール!!敵も味方もバテバテの中で、左サイドを駆け上がっていく長友さんの頼もしさ、「こいつ何するかわからんから超怖い」と思わせるその迫力に、オーストラリアの守備陣も釘付けになった後の、李さんの劇的なダイレクトボレー!!

私にはどうして李さんがどフリーだったのかは分からなかったんですが、この辺は「あれは長友のクロスもどんぴしゃだったけど、李も自分でヨヨヨ動きしてマーク外してたんだよ!!」と友人が力説してました。うん、よく分からんけど言いたいことは分かる。しかし教科書に載せたいくらい綺麗なボレーでしたね~。

今回も苦しい試合になったけど、オーストラリアの攻撃は「とにかくボール奪って前線に放り込む」という、至って明快なものでした。だけどあのガタイをどんどん寄せてくるわ、足元の技術も手堅いわ、意外とスピードも速いわ、守備はぎっちり人数かけて守ってくれるわで、正直この壁を破れる気がしませんでした。

と言うかオーストラリアはやっぱりアジアのチームとは違いますよね。今まで戦ってきたアジアのチームにも似たような形のチームはあったけど、やっぱり体格とか技術とか経験にレベルの違いは感じました。

アジアのチームとの戦いに対応してきた中で、最後に戦うのがオーストラリアってのも、日本にとっては難しい戦いだったなぁ、なんてことを考えたりしてました。でもどっちがどれだけ不利かなんて考えても仕方ない!きっとこの経験はもっとサッカーに詳しいプロが活かしてくれる!とにかくおめでとう日本チーム!!

でも今大会には色々と改善してもらいたいところもありました。まずはやっぱり審判の問題。真剣勝負の国際大会を裁くには、あまりに全体的に基準が曖昧だったと思います。決勝リーグに進むような国同士にもう大きな差はないと思うのに、そういう国から派遣されてくる審判のレベルが追いついてないというか。

そして一番(悪い意味で)驚かされたのが日本サッカー協会。審判の判定に抗議しようと思ったら、規定の時間過ぎてましたって一体・・・。それにあんなに堂々と侮辱されて抗議しないって判断にも言葉を失った。正直日本以外にはどうでもいい問題なんだから、当事国が問題にしなきゃ再発防止にならんでしょ・・・。

て結局最後は文句になっちゃいましたが。でも今回の日本代表チームの戦いは本当に見てて面白かったし、控え選手を含む選手達、監督・コーチ・現場のスタッフの団結に感動しました。いい大会だった!!
拍手する
COMMENT (12)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

審判問題
アジアカップは出場国から審判が選出されるから、審判のレベルが低いのはしょうがないですよね。
Jリーグでも、審判のブラックリストなんて物が出回ってるくらいですし。

攻守の切り替えが早く、スピーディーになった現代サッカーで一人の主審が全てをカバーするという事は不可能なんですよね。主審は選手よりも走る量が多いのが現状ですから。ハーフコートで15分ハーフの試合でも死にそうになります。

テレビ中継だと、色々な角度から常時テレビカメラが映しているから、場面場面で観るなら視聴者の方が主審よりも多くの情報量が入るんですよね。だから視聴者的に誤審は納得いかないし、胃が痛くなるんですけどね(笑

ただ、審判の事情を良く知っているはずの解説者が、感情的に不満をぶちまけているのってどうなの?とは思うんですけどね。何か最近、煽るだけ煽っている感じがします。


DFの吉田麻也は若さが出ましたね。でもこういう試合で若手に経験させないと成長しませんからね。結果よりも経験の方が大事だと思います。
しかし、吉田よりもGKの川島の方が気になります。こういうトラブルが発生した場合、DF陣のまとめ役はメンバーの経験値から川島だと思うんですが、的確な指示がなされずミスが起こっている気がします。
W杯の時は中澤や闘莉王がいたから大丈夫だったけど、今回は大黒柱であった二人は居ませんからね。
川島もまだまだ色々と経験する必要がありますね。
2011/01/23(日) 03:07:30 | URL | シーフォ #Zr2/WiYY [Edit
>シーフォさん
おぉ、シーフォさんこんばんは!

>審判のレベル
そうですね~。アジアカップの審判団は見覚えのある方も多い気がするので、その度に悪目
立ちしちゃってるのは、もうそういうタイプの審判なんだと思うしかないんですかね・・・。
あ、でも個人的にオーストラリアの審判の方はいいと思います(笑

確かに主審への負担は大きすぎますよね。公平性の基準だけじゃなく、体力的にも。
てかシーフォさんも審判されたりするんですか?なんか実感こもってて説得力ありました!

>解説者
これは私も同感です。解説者の意見は視聴者の論調を左右するくらい重いと思うので、
試合で熱くなってるとは言え、出来ればもう少し言葉を選んでほしいと思うことがあります。

>GKの川島
なるほど、そう言われればそういう役回りですね~。
いい仕事もしてるんだけど、どうも今大会ではあまりいいところを出せてないですよね。
控えGKの西川さんも好きな選手なので、ここらでGK争いが過熱してきたら面白いなぁ、
なんて能天気なことを考えたりもしてるんですが(^^;
2011/01/24(月) 00:13:10 | URL | 茶葉 #- [Edit
審判資格
地域の少年サッカーは、お金も人材も不足していて、親御さんの協力が必要不可欠なんですよ。
審判員もお互いのチームから出し合って成り立っていたりします。
それで、この審判員となる人は、体力がある親御さんがメインターゲットになります(笑

まず、線審から初めて、この人なら大丈夫そうだな~となったら、4級審判員の資格を取って貰います。
普通だと3級審判員までなんですが、上手い人だと2級まで取らない?という悪魔な勧誘が待っていたりします。
(2級審判員になると受付が都道府県サッカー協会から地域サッカー協会になって難しくなるんですが、色々とメリットがあったりするんですよ)

一度資格を所得してしまえば、毎年軽い講習と更新料を払えば良いだけなので楽なんです。
体力が落ちた今では、新規に資格を取得する時の体力テストにパスするのはもう無理です(^^;

最近は低学年の試合でも、サイドチェンジやロングボールを多用するので、正直死にます。
私の頃の時代は、サッカーボールに群がっていたんですけどね~(遠い目
2011/01/24(月) 05:51:14 | URL | シーフォ #Zr2/WiYY [Edit
>シーフォさん
シーフォさんは審判の資格をお持ちなんですか!(゚Д゚;)
て色々好き勝手なこと言ってすみませんでしたぁぁぁ!!!(´Д`;)

お話聞いてると、最初は初心者からのスタートが多いんでしょうか。
確実に責任は重い役職だと思いますが、同時にやりがいもありそうですよね。
それに素質を認められたときの「悪魔の勧誘」にも興味あります(笑)

確かに最近はちっちゃい子の試合でも、凄く正確なパス出したりしますよね。
茶飲み気分で観にいった試合がそんな感じで、かなり驚いた覚えがあります。

私はサッカーは学校の授業でやっただけですが、その頃も男子はボールに群がって、
女子は集団で群れる、というのが普通の光景でした・・・て、こういうのと比べて
も意味ないですよね(^^;

負担の大きさの割に、選手や(私のような)観衆に感謝されることは少ないかもし
れませんが、いただいたコメントから、シーフォさんのサッカー愛は伝わってきます。
大変なポジションだと思いますが、影ながら応援してますね(^^
2011/01/25(火) 00:03:17 | URL | 茶葉 #- [Edit
いえいえ
審判の資格を持っていると言っても、殆どはボランティア活動みたいなものですから。
体力さえあれば、3級までなら比較的簡単に取得する事が出来ますよ(^^
まあ、大概の親御さん達は、自分の子供が卒業してしまうと辞めてしまいますが。
子供が3人ぐらい居る人は長く続けてくれたりします。

海外では、サッカー観戦をもっと楽しむ為に、審判ライセンスや監督ライセンスまで取得する人が居るそうです。
サッカー解説者も監督ライセンスを取得するそうですね。
(まあ、解説者は大概は元サッカー選手や監督がするんですけどね。)


サッカーとは関係ないですが、最近の花とゆめの作者さんは殆ど知らないなと痛感しました(^^;
知っているのは緑川ゆきさんは「夏目友人帳」の作者だという事しか知りませぬ。
最近では、っポイ!が終わったという事しか知りませんでした(笑
(でも、やまざき貴子さんの作品は、「ムシ」シリーズと「若菜」シリーズの方が好きだったりします)

何しろ、南京路に花吹雪とか、エイリアン通り、CIPHER、OZ、彼方から、月の子あたりをリアルタイムで観ていた世代ですから(^^;
ピグマリオやサラディナーサ、ダンガン×ヒーロー、天使禁猟区あたりにハマって、発売日の明け方にコンビニ買いをしていたのも良い思い出です(笑
2011/01/25(火) 01:34:47 | URL | シーフォ #Zr2/WiYY [Edit
>シーフォさん
> 体力さえあれば
私の場合、これが一番の問題です(^^;

海外のスポーツファンって本当に熱いですよね。気合の入り方が違うというか。
観戦のために仕事休むのは当たり前だし、チームの遠征先の遠い異国にまで応援しにいったり。
ちゃんと見方を知ってるからこそ、めちゃめちゃ熱くなって楽しめるんでしょうね~

>緑川ゆきさん
わわわ(´Д`;)漫画の感想まで読んでくださってありがとうございます!
緑川さんは「夏目友人帳」も大好きなんですが、「緋色の椅子」も凄く好きなんですよ~。

>南京路に花吹雪とか、エイリアン通り、CIPHER、OZ、彼方から、月の子
おおおぉぉぉ(*´∀`*)色々とお読みになってるんですね~!
OZは樹なつみさんの作品ですよね。名作と言われてる作品なので、いつか読んでみたいなぁと
思ってるんですが、未だに読めてないです(^^;八雲立つは好きだったんですけどね~。

白泉社の少女漫画はファンタジー寄りというか、そこまで恋愛要素が前面に出てる感じがしな
いので、そういうところが好きだったりします。なのでこれから感想書くのも白泉社の少女漫画
が多くなりそうですが(^^;良かったらまた感想聞かせてくださいね~(^^
2011/01/27(木) 01:42:06 | URL | 茶葉 #- [Edit
漫画の話ですみません
80年代後半~90年代辺りの少女漫画を語りだしたら、たぶん止まりません(^^;

花とゆめは昔から恋愛要素がらみの話は少なくて、他の少女漫画雑誌とは一線を画していた印象があります。
雑誌を買っていたのは花とゆめとLALAで、なかよし、ちゃお、マーガレット辺りは単行本のみでした。
後はASUKA、プリンセス、りぼん、週刊少女コミックス、Wings、サウスを友達から借りたり立ち読みしたりしてましたね~。

ここ数年は、歴史物漫画が多いですね。
河村恵利さんの明日香の王女という作品で、蘇我入鹿の人物像が今までにない描かれ方がされていて、カルチャーショックを受けたのが切っ掛けでした。
それ以来、ヴァレンチノシリーズ、蒼天航路、キングダム、ヒストリエ、センゴクなど、一般的な歴史人物像を覆す様な歴史物にハマっています(^^


>緑川ゆきさん
夏目友人帳はアニメでハマって全巻揃えたりしました(笑
最近は少女漫画方面は、あまり読まなくなってしまったので、どんな作品が連載されているのか知らないんですよね(汗
ですので、最近アニメ化されたので気に入った作品を買っていたりします。

>OZ
樹なつみさんの作品は、朱鷺色三角とパッション・パレードから好きだったんですが、その中でもOZは樹なつみさんの作品の中でも一番好きですね。
終盤はちょっと駆け足気味で終わってしまって残念だったけど、中盤までは物凄く面白いです。


他の作品では、なるしまゆりさんの作品が好きですね。その中でも少年魔法士は傑作です。
なるしまさんの作品って言葉が重いんですよ。この人は本気で漫画を描いているなというのが伝わって来るんです。

後はやはり、あしべゆうほさんのクリスタル☆ドラゴンですね。この作品のお陰で日本ではマイナーだったケルト神話に興味を持ちました♪
最近、連載再開されたんですが、また止まってしまったのが非常に残念です。

それと、紫堂恭子さんの辺境警備とグラン・ローヴァ物語も面白いですよ。

SFだと、萩尾望都さんのスター・レッド。佐々木淳子さんの那由他。それと、竹宮恵子さんの私を月まで連れてってですね。最近はSFを書く作者さんが少なくなってしまって寂しいです。


サッカーの話もせずに漫画の話ですみません(^^;
今回の試合自体は物凄く熱くなれたし感動したんですが、試合外での様々な事で語れなくなってしまいました。
もっと素直にサッカーを楽しめばいいんじゃないかとは思うんですけどね。
そういえば、パクチソンの日本語は流暢でしたね~。インタビューの時、普通に日本語で答えていたので驚きました。
(日本語を喋れる事は知っていたんですが、ここまで流暢に話せるとは思っていませんでしたので)

色々と暴走してしまってすみません。
実はサッカー以上に、漫画の話も語りだしたら止まらなくなってしまうんです(><;
2011/01/27(木) 02:58:03 | URL | シーフォ #Zr2/WiYY [Edit
>シーフォさん
本当にたくさん読まれてるんですね~!
私は雑誌では花とゆめ、LALA、LALADX、別マ、りぼん、なかよしくらいです。
どうも私は絵柄で選り好みしてしまうので、結構好みが偏ってるんですよ。

>一般的な歴史人物像を覆す様な歴史物
あぁ、これは分かります!通説では悪人にされることが多い人物が、作中では
めちゃめちゃ優秀でかっこよく描かれてると、そのギャップに悶えます(*´∀`*)
蒼天航路はアニメ化してますよね?あとセンゴクも面白いって聞きますよね~!

> 夏目友人帳
なにやらまたアニメ化するかも?なんて情報も出てますね(^^
確かにアニメ化されたことで、それまで知らなかった作品を読むきっかけになる、
てのも嬉しいですよね。実際読んでみて当たりだったら尚更。

>樹なつみさん
私は読んだことあるの八雲立つと花咲ける青少年くらいです(;´∀`)
男性キャラがえらく神々しかったりしますが、内容は結構本格的な陰謀劇を展開し
てたりするのがいいですよね。単にギャップ萌えなのかもしれませんが(*´∀`)

他にも作品おススメしてくださってありがとうございます!
でも挙げてくださった作品は読んだことがない作品が多いもので、力強い答えが返
せなくてどうもすみません(^^;でも漫画の話聞くのは楽しいので大歓迎ですよ~

>パクチソンの日本語
本当に上手でしたよね!パク・チソン、松井さん、遠藤さん、と凄い面子が集まって
いた当時の京都サンガは本当に凄かったんですね~!!ただ、あの国で本当に尊敬で
きる選手は彼だけなんだなぁ、と今は思います・・・。
2011/01/28(金) 01:07:13 | URL | 茶葉 #- [Edit
決勝戦
>今まで戦ってきたアジアのチーム

正確には中東と東南アジアですね。とは言っても、東南アジアは日本、韓国、北朝鮮、中国、タイぐらいしか目立った国がないのが現実ですが。
最近では、インドが強豪国になるとかマスコミが煽っていますが、実際に日本と試合すれば7点差ぐらいの実力差があったりします。


>審判の判定に抗議しようと思ったら、規定の時間過ぎてましたって一体・・・。それにあんなに堂々と侮辱されて抗議しないって判断にも言葉を失った。

この件については何となく日本サッカー協会というよりも、それ以上の権力団体さん(マスコミ)への配慮というのを感じますね。FIFAは人権問題や差別的発言や行為に対して物凄く厳しいので、抗議して問題を大きくしたくないという事なんでしょう。サッカーというよりも、政治的な判断という奴ですね。


>決勝リーグに進むような国同士にもう大きな差はないと思うのに、そういう国から派遣されてくる審判のレベルが追いついてないというか。

FIFAの建前が地域による差別はしないという理念がありますからね~。この問題は、審判だけでなく開催国やW杯の出場国の地域枠にも絡んでくる問題なので、この問題だけを改善という訳にいかないのが厳しい所です。
それに、レベルがある程度高い国の審判のみで構成されるのも、それはそれで問題になりますしね。
ただ、アジア杯もW杯の時と同レベルとはいかないまでも、それに近いチェック体制や審査をして欲しいです。
私が知らないだけで、アジア杯も同じ様に審判の試験や試合毎の評価をしているのかもしれませんが、それをしているならもうちょっと基準を上げてくれとは思いますね。


>と言うかオーストラリアはやっぱりアジアのチームとは違いますよね。

オーストラリアは元がイギリス領だったので、サッカースタイルもイングランドですね。
代表のトップ選手も殆どがプレミアムリーグで活躍していますし。
10番のキューウェルは年取ったな~というのが率直な感想です。
リーズ・ユナイテッドやリヴァプールにいた頃は天才MFとして騒がれていましたからね。あの頃に比べたら格段にパフォーマンスは落ちていますね。

私はキューウェルよりも途中出場したエマートンのプレーを良く観ていました。
2001-2002シーズンに小野慎二がフェイエノールトに移籍した時、エマートンはチームメイトだったんですよね。ホーイドンクとトマソン、エマートンの3人は今でも物凄く記憶に残っています。


それにしても、まだ発展途上のチームで優勝というのは凄いです!
DF陣も連携がまだうまくいってなくて不安定でしたが、その分だけ攻撃陣が頑張ったりしましたからね~。
決勝戦も、前半はDF陣のフォローに攻撃陣の負担が強いられて劣勢でしたが、岩政を入れて長友のポジションを上げてから日本の攻撃が徐々に機能してきたのには、監督采配が上手いな~と素直に思いました。
ただ、右サイドの内田がボール要求をしても殆どパスが行かないという悲哀を観てしまいましたけど(^^;

センターバックも大黒柱二人が抜けて、最初の頃は物凄くハラハラと観ていましたが、試合毎に頼もしくなってきましたよね。アジア杯を優勝した事により、コンフェデ杯の出場権利を獲得したので、世界の強豪との試合が今から楽しみです♪
2011/01/31(月) 01:42:13 | URL | シーフォ #Zr2/WiYY [Edit
>シーフォさん
アジアと言っても範囲が広すぎましたね(^^;
東南アジアではベトナムも結構しぶとかったイメージがあるんですけどね~。
中国とインドは強化に力を入れてきたら怖い存在になりそうですよね。

>それ以上の権力団体さん(マスコミ)
あぁ、サッカーのようなメジャー競技でもそうなんですか・・・。

>審判
なるほど、やはりすぐに改善されるものではないんですね・・・。
確かにW杯で審判の判断が問題になったときは、FIFAの方でも問題を認めてましたもんね。
こういう審査はAFCでも当然してると思ってたのに、してない可能性もあるとは驚きです。

>キューウェル
そうなんですか?私はキューウェルとケーヒルのコンビ怖かったんですが(;・∀・)
でも、よく決定機逃してましたよね。そして私は本田さんばっかり見てました(*´∀`*)

>監督采配
これは本当に上手かったですよね!以前シーフォさんに選手交代の意図を解説していた
だいて、少しは理解できた気でいたんですが、やっぱり全然理解できてなかったという
ことを、延長20分に得点が入ったシーンでやっと気付きました(^^;

攻撃の選手が抜けて守備の選手が入ったので、あれもうPKの用意するのかな?なんて
思ったんですが、あれは守備を強化して長友さんの攻撃機会を増やす交代だったんで
すね。同じポジション同士で交代するのが当たり前みたいな感覚だったので、あぁそ
ういえばそういう方法もあるよね!と気付かされた次第です(;・∀・)

>ボール要求をしても殆どパスが行かない
この場面は記憶に残ります(´;ω;`)決勝戦ではいい感じだなぁ~なんて思いなが
ら見てたんですが、海外組の割にはボール取られがちだったように見えました・・・。

そういえばコンフェデ杯にも出れるんですね!槙野さんも加わって、センターバック
争いも楽しくなりそうだし、守備陣のこれからにも期待が持てるチームになりました
よね。私もこれからの日本代表の試合がより楽しみになりました(^^
2011/02/01(火) 00:42:48 | URL | 茶葉 #- [Edit
監督采配
岩政の交代は、長友を攻撃に専念させるだけでなく、相手のハイボール対策でもあったんですよ。
空中戦に強い岩政を入れる事によって、ロングハイボールをオーストラリアのFWにキープされるのを防ぐ目的があったんです。前半ではロングハイボールからFWにキープされて、日本の攻撃陣も守備に戻らないといけない状況が続いてましたからね。
ザッケローニ監督は、あまり交代カードを切りませんが、交代する時は的確なんですよね~。


>私はキューウェルとケーヒルのコンビ怖かったんですが

全盛期時代のプレーを観てしまうと、その時の印象が強くなってしまうんですよ(笑
あの時に比べたら技の質もキレも段違いだなと思ってしまって。


>こういう審査はAFCでも当然してると思ってたのに、してない可能性もあるとは驚きです。

この辺の情報があまり入ってこないんですよね。W杯の頃は西村さんが主審をしていたからTVでも特集が組まれたりもしたんですが、今回はあまり取り上げられていない印象があります。
もっとも、レベルを上げると殆どの審判員が弾かれてしまうかもしれませんが(^^;


>中国とインドは強化に力を入れてきたら怖い存在になりそうですよね。

でも人口と国土が大きくても、強くならないのがサッカーなんですよね(笑
やっぱり国民のサッカー熱も関係あるんじゃないかと思います。
中国は大半の国民が国内サッカーよりも欧州リーグを観ているそうですよ。
国内サッカーが盛り上がらないと、サッカーは強くなりませんからね~。

昔の日本も同じ様な感じでした。やはりJリーグを発足させて全体のサッカーレベルを底上げしたのは大きかったんだなと、今はしみじみと思います。



>あぁ、これは分かります!通説では悪人にされることが多い人物が、作中ではめちゃめちゃ優秀でかっこよく描かれてると、そのギャップに悶えます(*´∀`*)

そうなんですよ!やっぱりありきたりの人物描写では飽き足らないんですよね~。
「センゴク」は何と言っても明智光秀が良い感じです♪
知略と狂気を兼ね備えていて、信長の狂気に一番共感している人物でもあったりします。
実際の歴史でも、光秀が信長を裏切った理由は未だに謎なんですよ。今の定説となっているのも、数少ない文献や資料から、江戸時代の講談が創作した部分が多く、織田信長の鉄砲三段撃ちや、武田の騎馬隊、光秀の「敵は本能寺にあり」とかも講談の創作された部分が多いです。

最近は、数少ない資料から歴史事実の再評価を日本だけでなく世界でも広まっていますが、多くのドラマや小説・漫画はまだ定説の方が多いですね。
(ローマ皇帝で悪帝のレッテルを貼られたティベリウスやネロ、背教者ユリアヌスとかも再評価されている様です)

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」も普通なんですよね。まあ、大河ドラマはどんな題材になっても、良い脚本家を迎えても同じ様な感じになってしまうんですけどね(苦
2011/02/01(火) 01:53:42 | URL | シーフォ #Zr2/WiYY [Edit
>シーフォさん
長友さんのインテル入り決まりましたね!凄すぎる!!!ヾ(*´∀`*)ノ

>ハイボール対策
この采配もズバリでしたよね~。そもそも高い相手との対戦を想定した選手が、ベンチに
控えてるって時点で尊敬を覚えます。こういう目的がハッキリしてる起用だと、選手も集
中できてやりやすいですよね。こういう積み重ねも信頼に繋がりますよね~。

>もっとも、レベルを上げると
これは多分そうなりますよね(^^;でも以前よりもアジアカップへの注目度も上がって
ると思うので、4年後までにはなんとかもう少し改善しててほしいところですね。

>人口と国土が大きくても、強くならないのがサッカー
中国は個人競技は強いんですよね。私は競泳も好きで見てるんですが、国が強化を始めた
らあっという間に強くなったので、人材の宝庫って怖ろしい(;´Д`)と心底思いました。

> 昔の日本
前はそうでもなかったのに、ここ数年強くなってきた国と言うと、私はアメリカとかロシ
アが浮かびます。どちらも国内のサッカー熱はあまり高くないイメージがあったんですが、
強い選手が出てきたり、監督の手腕でチームが強くなると、注目度も上がりますよね。

>明智光秀
それは心惹かれる光秀像ですね~!!光秀は時代によって解釈がかなり変わる人ですよね。
長い間「主君を裏切った卑怯者」なんてイメージで演じられることが多かった光秀が、こ
こ数年は「上司の暴挙に発起した部下」と同情的な解釈になってるのが面白いです。

>「江~姫たちの戦国~」
この大河ドラマは私は見てないんですが、登場人物の年齢差に友人がキレてました(笑
長いことやってるだけに、なかなか新しい解釈ってのも難しいですよね~。
2011/02/02(水) 00:34:24 | URL | 茶葉 #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。