QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

銀河へキックオフ!! 第11話「反撃!」

2012.06.16 *Sat
銀河へキックオフ!!Vol.1 [DVD]銀河へキックオフ!!Vol.1 [DVD]
(2012/07/25)
小林ゆう、中津真莉子 他

商品詳細を見る

れいかちゃーん!!(蒼白)

須黒が・・・デレた・・・だと・・・。こういう敵意むきだしだった子が、頬を染めながら「次は負けないからなちくしょう!また試合しようぜこのやろう!イケメンには負けないぜ!(←若干捏造)」とか言ってくれたときの感動ったらないですな。いいなぁ、まだまだ強くなりそうだなぁ、爽やかだなぁ。

試合は須黒チームが一方的に押される展開だったうえに、三つ子が色々と自由に遊んでたので、須黒はトラウマになってもおかしくないんですけどね。それでもまた試合をしたいと言えたのは、虎太が自分とのサッカーを楽しいと言ってくれたからなんでしょうね。虎太は意外とやる男。

試合は無事終了。でも、新たに浮上したテーマは、意外なところから提示されました。

少年サッカーは、健全な成長を促すための教科書なのか、それとも勝敗にこだわる真剣勝負なのか。いやこの解釈で合ってるかは分からなかったのですけども。こういうことではなくて、子供であろうが大人であろうが、紳士のスポーツなんだから卑怯な真似はするなってことだったのかも。

でもなぁ、今回の竜持と鳳が卑怯だったとは思えないんですよね・・・。わざとオウンゴールをさせるという発想と技術、挑発して相手選手をおびきよせるという発想、ロングゴールを実際に決めるエリカの技術。よっぽど技術がないとなかなか出来ることではないし、卑怯とも思えないず。

てかこういう正解がなさそうな問題を、こうやって取り上げたことが驚きでした。このテーマについてはあちこちで論争が起きてそうですよね。この作品ではどういう方向に持っていくのか期待です。

てことで本日のれいかちゃーん。エリカのゴールもかっこよかったけど、れいかちゃんの瞬間冷却にわろた。遂に(美人の)お母様にサッカーをやってることがバレてしまい、青ざめるれいかちゃん。(美人の)お母様にどうやって認めさせるのか、次回のれいかちゃんの頑張りにも期待です。
拍手する
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

教育とスポーツ
> 少年サッカーは、健全な成長を促すための教科書なのか、それとも勝敗にこだわる真剣勝負なのか。
これについては、日本でのスポーツ普及の歴史や文化が関係しますからね。
戦後の日本ではスポーツは学校での部活動として普及してきました。
今でも学校の先生方が、放課後や休みを返上して無償で活動を支えてくれた歴史がありますからね。
そして、教育者が指導するので、健全な成長や礼節を大事にし、教育していくという土壌が出来上がっていくわけです。
今でも大きなスポーツの大会でスポーツマンシップを宣誓しますしね。

そして、この注意していた審判員の方も、たぶん教職員かそれに近い職業に就いている人なんじゃないかと推測します。
こういう方達はとにかくスポーツマンシップに厳しい人たちが多いのではないかと←(かなり偏見が入っているかもしれません)
今までプロとして、スポーツに対してプロフェッショナルに接してきたコーチとは考え方が違うのもしょうがないのかもしれません。

私も小・中学生の時は、手を使われたりファールすれすれの荒っぽいプレーを汚い事だと思っていた時期が有りました。
「ちはやふる」の山本由美さんのもめる行為が批判されたりと、礼節や礼儀に敏感な文化は残っているなとは感じましたね。

> てかこういう正解がなさそうな問題を、こうやって取り上げたことが驚きでした。
これは指導者にとっても、教育方針が分かれますからね。
アイデアを出して実践した事を卑怯だからやめろと押さえつけてしまうのか、良くこういう事を思いついて実践したなと褒めるのか・・・。
ただ、子供は頑張った事に対して、褒めずに怒られるとやる気や気力がなくなりますからね。
それが納得いかない大人のルール(礼儀や礼節)を言われるとなおさらに。
頭ごなしに否定するのではなく、じっくりと話し合い説得する事が大事です。子供だからという事ではなく、一人の人間として向き合うという事ですね。
まあ、要約してしまえば露骨にやるのではなく、もっとうまくやろうぜと説得する事なんですが・・・(^^;

オウンゴール狙いぐらいなら、そんなに問題ないと思うのですが、挑発行為は露骨でしたね。
挑発行為はもっとさりげなく行う方法がいくらでもあるぞと・・・(ぉ
もちろん礼儀・礼節は大事ですし、勝つ為には何をやっても良いという事ではありません。
要は極端に偏るのではなく、色々とバランス調整をする事が大事なんじゃないかな~と個人的には思います。

そういう訳で、コーチがどの様にバランス調整をするのか、個人的にも興味がありますね。

> 遂に(美人の)お母様にサッカーをやってることがバレてしまい、青ざめるれいかちゃん。(美人の)お母様にどうやって認めさせるのか、
れいかちゃんがサッカーを本気でやりたいと訴えれば、意外とすんなり認めてくれそうな雰囲気なんですよね。れいかちゃんの方が一方的に後ろめたさを感じてしまっているし。基本的に、子供がやりたいと言えば、今の親御さんは反対はしません。
お母さんにとって、れいかちゃんはピアノの習い事を好きでやっていると思ってしまっているので、ピアノよりもサッカーが好きだという事を表明してしまえば理解してくれるんじゃないかと。
2012/06/18(月) 12:14:25 | URL | シーフォ #Zr2/WiYY [Edit
>シーフォさん
>この注意していた審判員の方も、たぶん教職員かそれに近い職業に就いている人
ふむふむ、興味深いですね~。教育者としての観点と、元プロスポーツ選手としての観点の違いですか。アニメに出てきた審判員の方も、実際にいそうな雰囲気の方ですよね。ちょっと高圧的で、確かに教職員っぽい・・・て私もかなり偏見入ってますがwけど、こうして先生方の努力で普及して、国内でも成熟してきたサッカーという競技だからこそ、こういう議論が出てくるのかもしれないですね。

> 「ちはやふる」の山本由美さんのもめる行為が批判されたりと、
ちはやふるの話が出て嬉しいです(*´∀`*)でも私は今でも、応援してるチームの対戦相手が荒っぽいプレーをしてきたら、おのれ汚いぞー!とか言っちゃうと思いますw確かに日本人は礼節礼儀にこだわる方ですね~。

> それが納得いかない大人のルール(礼儀や礼節)を言われるとなおさらに。
相手への敬意を持って!と言われても、大人が思う”相手への敬意の表し方”と、子供が思う”相手への敬意の表し方”は違うでしょうしね~。今回のお話で言えば、虎太が須黒に向かって言った「お前とサッカーするの楽しいから」て言葉も、立派な敬意の表し方だと思ったんですけどね。でも大人である審判員の方にはそうは映らなかったし、敬意は試合中に示さなければならない、てことかな。なんか書いてて自分でもよく分からなくなってきましたw


> まあ、要約してしまえば露骨にやるのではなく、もっとうまくやろうぜと説得する事なんですが・・・(^^;
あははwでもそうですよね、もっとうまくやろうぜと・・・。私もオウンゴール狙いのどこが悪いのかよく分からなかったです。あんな怖い目で睨むだけじゃなくて、何が悪いのかちゃんと言葉で言ってくれないと(私が)分からん!挑発行為に関しては、自分がやられたら腹立つだろうなと分かるんですが(;´∀`)

> 要は極端に偏るのではなく、色々とバランス調整をする事が大事なんじゃないかな~と個人的には思います。
オウンゴール狙いにしても、挑発行為にしても、あまりに頻度が多いようだったら、目を付けられても仕方ないですよね。身体の接触が多い競技の中で、どう子供達に折り合いを付けさせていくのか、わたしも気になります。

>お母さんにとって、れいかちゃんはピアノの習い事を好きでやっていると思ってしまっているので、
確かに、お母さんはれいかちゃんが好きなピアノを応援してあげてた、て感じですよね。てか今の子供は本当になんでも器用にこなしますよね・・・(羨)。この辺も今の親御さんの方針が関係してるのな、なんてことをお話を聞いて思いました。とにかく、次回予告のれいかちゃんとお母さんにとても期待が持てたので、次回が本当に楽しみです!
2012/06/19(火) 01:38:23 | URL | 茶葉 #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。