QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

五輪蹴球予選

2012.07.27 *Fri
岡ちゃんの幻覚が見えた(感想)

まさかスペインに勝ってしまうとは、誰が予想できたでせうか。少なくとも、私は3点くらいは入れられるかな、なんて思ってました、はい。これもジャイアントキリングなのかな。いやぁ、これ選手達やスタッフ(と監督)は気持ちいいでしょうね。日本国内ではあんなに叩かれてたんだから。

試合を見始めて、まず最初に驚いたのは、ジョルディアウバ?がいたこと。この選手がまだ23歳以下ということに、スペインの層の厚さを思い知らされます。ちょっと今回はキレ気味だったけど。

日本のこの年代は、今までは散々な評判でした。私も扇原さんが好きだから見てたけど、「俺にボールを寄こすなー」とでも言いたげなプレイの数々に、見なきゃ良かったと思った試合もありました。・・・でもそしたらこの結果だよ!ほんとすみませんしたぁぁぁ!!特にひがしぃぃぃ!!

今回の試合は、OA枠の2人が凄くいいどっしり感を出していて、もともとあった前線の積極性も魅力的で、(前半は)中盤でもボールを奪えていたので、単純に見てて面白い試合でした。もっと点を取れるチャンスが5回くらいあったのに、全部外してたのはちょっと不安ですけども。

というかスペインも結構ゆるめに入ってた感じですね。決勝リーグにピークを合わせてるのかもしれないけど、想像してたよりパスもゆるく見えたので、ちょっと驚きました。こちらも攻撃と守備の役者を怪我で欠いてしまったので、先行きはちょっと心配だけど、いい試合だったと思います。

あ、あと女子も!!前半はガツガツ行けてたのに後半は守備に追われる、という展開までが男子と印象が重なるけど、とにかく初戦を勝ちで終われたのが良かったです。こちらも単純に見てて面白い試合でした。男女共に気持ちが入ってるのが伝わってきて、見てる方も燃えました。
拍手する
COMMENT (6)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

今の時期は、熱中症が本当に心配です
日本の守備ブロックが徹底してましたよね。
まず、一人が必ず前に立ち塞がり、決してボールを取りに行こうとはしませんでした。とにかく縦への突破とパスは阻止して、ボール奪取は周りの選手に任せるというスタンスを貫いてましたね。
そして、やはりなんといっても永井謙佑選手のスピードでしたね。オフサイドトラップに引っかからない為に、わざと相手よりも後から走り出すとか、ヘディングなどの滞空時間の長いバックパスに、もの凄い勢いでプレッシャーを掛けに行くというスタイルは何時も通りで安心しました。
(何かと前に出せという、うざいぐらいのゼスチャーも)
ストイコビッチ監督も、永井のスピードは世界に間違いなく通用すると言ってたし、それが証明されて嬉しかったです。
吉田麻也の頼もしさにも驚かされました。やっぱりチームを引っ張っていく立場になると、人は変わるんだな~としみじみと思いました。

> というかスペインも結構ゆるめに入ってた感じですね。
五輪とユーロが同じ年の開催なので、基本的にヨーロッパ勢は五輪に対して消極的な感じがしますね。それに対して、南米とアフリカの方が日本にとって相性が悪い気がします。まあでも、次のモロッコはどっちかというとイスラム系なので大丈夫だとは思いますが。
スペインも運が無かったとはいえ、後半になっても立て直せなかったのが、U-23という若いチームだなと。
個人的には1999年のワールドユース決勝の借りが返せたかなと(^^
(あの時の小野伸二の警告累積が無ければどうなっていたのかと、今でも思います)

ちょっと個人的な愚痴になってしまいますが、解説の長谷川健太という人はやっぱり好きになれませんね(--
前回のW杯オランダ戦の時、岡崎がシュートを外した場面で、この選手はどこの所属ですかという風に、こきおろした発言をしてました。
自分が監督をしているチームの選手を、あの体勢で良くシュートまで持って行ったと褒めるどころか、貶める発言をするなんて、それは監督としてどうなの?と思ってしまい、それ以来この人の事はあまり好きになれません。
解説を聞いていても、所々で癇に障る所があり、やっぱり感覚的にこの人は受け付けないなと改めて思いました。
2012/07/27(金) 21:46:32 | URL | シーフォ #szTeXD76 [Edit
>シーフォさん
最近は暑さのレベルが尋常じゃないですね、麦茶装備で頑張ってますけども(*´∀`*;)

> 日本の守備ブロック
守備は吉田さんと徳永さんが入って、本当に変わりましたよね~!びっちり貼りつく!近くで見守る(フォローする)!奪ったった!前に出す!という連携が本当によく取れていて、短期間でこんなに変わるものかと感動してました。本当に、吉田さんが入ってから、他の選手も動けるようになりましたよね。

>永井謙佑選手のスピード
永井さん凄かったですね!GKにも猛烈なプレッシャーかけてたし、自分がやられたら嫌でそうな(;´∀`)ふむふむ、技術的な面でも考えて動いてたんですね~。けど、これだけいい選手なのだから、最後も決められたら、もっと引っぱりだこになっちゃえるのになぁ、とも思ってしまいます。

>基本的にヨーロッパ勢は五輪に対して消極的
私もユーロに出た選手は五輪にはあまり出ない、という記事を読んだ気がします。なのでユーロで活躍してたSBの選手が出てたことにちょっと驚きました。モロッコはイスラム系なんですか?五輪は試合を見たことがない国も多いので、全然予想が付かないのが逆に不安ですw

>U-23という若いチームだなと。
これは私も思いました。そう考えると、日本はOA枠を上手く使ったのかな、と。まぁ3枠目の人選に関しては今でもモヤモヤしてますけども・・・。

>1999年のワールドユース決勝の借り
この意味が分からなくて、ざっくり調べてきたらびっくりしました!日本準優勝してたとは!しかもスペインと決勝やってたとは!累積警告があったということは、小野さんは決勝に出れなかったってことですよね。うーん、日本って結構すごい。

>解説の長谷川健太という人はやっぱり好きになれませんね(--
うぇ、そんなこと言ってたんでしたっけ・・・(←忘却)でも私も長谷川さんの解説は苦手です。解説というよりも素人に近い感想を言ってるだけな気がして、私みたいなもんにはちょっと分かりにくいのですよね(;´∀`)今回の試合でも、試合がまだ終わってないのに勝った話をしだして、嫌な感じがしました。個人的には宮本さんや福西さんの解説は分かりやすくて好きです。
2012/07/28(土) 00:03:05 | URL | 茶葉 #- [Edit
> 最後も決められたら、もっと引っぱりだこになっちゃえるのになぁ、とも思ってしまいます。
そうなんですよね~。この最後の詰めの甘さがなくなれば、物凄い選手になる可能性は秘めているんですけどね。

> モロッコはイスラム系なんですか?
アフリカの地中海沿岸はイスラム系なんです。
これは、イスラム帝国の一つであるウマイア朝が、現在のポルトガル・スペインがあるイベリア半島まで勢力を拡大した名残ですね。
スペイン・ポルトガルはレコンキスタ(再征服運動)によって、イスラムとキリスト教が混在する地域となりましたが、アルジェリア、リビア、エジプト、モロッコなどはイスラム色が強いですね。特にモロッコは、後ウマイヤ朝の中心にもなったので、ここら辺には立派なモスクが建ち並んでいます。

日本は、イスラム系というか中東勢との試合には慣れているので、カメルーンやナイジェリアなどの身体能力がヤバイ所よりは、はるかに相性が良いとは思いますよ。過去に身体能力系のアフリカ勢には、コテンパンにやられましたしね~(^^;
(ユース世代の身体能力系のチームって本当に手がつけられないですよ・・・)

> この意味が分からなくて、ざっくり調べてきたらびっくりしました!日本準優勝してたとは!しかもスペインと決勝やってたとは!
ナイジェリアという過酷な環境で、放送も深夜でしたからね。当時、日本代表監督でもあったフィリップ・トルシエが兼任して監督をしていましたが、マスコミとの関係が悪く、さらにナイジェリアという取材するにも大変な所だったので、最初の頃はほとんど無視されてましたね。
ただ、アメリカ、カメルーン、イングランドの予選グループを突破したら、にわかに注目が集まりました。

ポルトガルとの激戦、メキシコとの完勝、ウルグアイの死闘と続き決勝戦進出を果たしたら興奮しましたよ。まさか漫画の出来事が現実になるのか!?と。
この時のメンバーが小野伸二、本山雅志、高原直泰、遠藤保仁、小笠原満男、酒井友之、中田浩二と、後の黄金世代の中核にもなりました。
特に高原と小野のラインは強力で、何度もチャンスを作り出していました。
ただ、残念な事に、この二人のラインはこの大会だけだったんですよね。その後は小野が怪我をしたり、高原が病気になったりして、なかなかこの二人が揃う機会がなかったのが本当に残念です。
現在は、清水エスパルスでこの二人が揃ってプレーしていますが、あの頃の輝きはさすがに再現されてません。
全盛時代に、この二人が揃った時のチームが観たかったなと・・・。

> 今回の試合でも、試合がまだ終わってないのに勝った話をしだして、嫌な感じがしました。
この人の現役時代のプレースタイルは好きだったんですけどね。
監督から解説者となり、メディアに出る様になってから、発言を聞くたびに、こんな人だったんだ・・・となって幻滅してしまいました。
松井さんみたいな毒はあるけど天然気味な解説は面白いんですけどね~。
福西さんは逆に、現役の頃は「爽やかヤクザ」でプレースタイルは好きになれなかったけど、解説は分かりやすいですよね。
2012/07/28(土) 01:41:16 | URL | シーフォ #szTeXD76 [Edit
>シーフォさん
> アフリカの地中海沿岸はイスラム系なんです。
ふむふむ、世界史ですね~。モロッコといえばチンギスハン、モロッコといえば朝青龍、というふわっとしたイメージだけで、東南アジア寄りな国だと思ってました・・・てそれモンゴルや(;´∀`)身体能力がヤヴァイ国は、動きが予測できないですよね。気楽に見てる分にはそれが楽しかったりするんですけどw

> ナイジェリアという過酷な環境で、放送も深夜
私はサッカー見るようになったのは日韓WCからなので、この頃は積極的に見ようともしてませんでした・・・。でもすごいですね、アメリカ、カメルーン、イングランド、ポルトガル、メキシコ、ウルグアイ。どこも強豪国なのに、そんな国相手にいい勝負してたとは。リアルタイムで体験してたら盛り上がったでしょうね~!それに日本代表メンバーもすごい。小野さんも高原さんもそれぞれいい選手だけど、この2人がとんでもないレベルでコンビやってたら、と想像しただけでも凄そうです。

> 監督から解説者となり、メディアに出る様になってから、発言を聞くたびに、こんな人だったんだ・・・と
あぁ、ありますね、そういうこと・・・。松井さんは面白かったですね。特にユーロでの「ナスリは嫌い」発言の後に、ナスリが(悪い意味で)目立ってたのは笑いました。そして福西さんの「爽やかヤクザ」。いやぁ、ぴったりですね!敵になったときはかなりイラt・・・あ、いや、でも、そういう人だったからこそ、人や形を分析するのが上手いんでしょうね。今は好きですけども(*´∀`*)
2012/07/29(日) 02:12:53 | URL | 茶葉 #- [Edit
ちょっと小ネタで済みません
> それに日本代表メンバーもすごい。
確かにこの時期の日本代表メンバーは人材の宝庫でしたね。2002年日韓W杯に向けて日本サッカー協会が総力を上げてバックアップしていたとはいえ、これ程のメンバーが揃ったのは凄いと思います。

小野伸二、高原直哉、稲本潤一の3人は有名でしたね。3人とも、高校選手権には縁がありませんでしたが、実力的には凄いという噂になってました。この3人は静岡のトレセンや選抜に選ばれていたので、小野と高原のコンビもこの頃から確立されていたんですよね。
(稲本潤一は、ガンバユースなので高校選手権は不参加)
逆に、高校選手権で有名になったのが、中田浩二と本山雅志ですね。東福岡の中田と帝京の本山が決勝戦で対決し、共に鹿島アントラーズに入団が内定していたという事もあって注目されました。
ちなみにその時のメンバーは、以下の様になってます。今見ると、錚々たるメンバーですよね。

GK
榎本 達也
南  雄太
DF
手島 和希
辻本 茂輝
石川 竜也
氏家 英行
加地  亮
市川 大祐
池田  学
MF
小笠原満男
本山 雅志
酒井 友之
中田 浩二
稲本 潤一
小野 伸二
遠藤 保仁
FW
永井雄一郎
高原 直泰
高田 保則
播戸 竜二

このメンバーの一部が、2000年のシドニーオリンピックのメンバーになりました。
小野伸二は、五輪アジア予選で重傷となり、五輪本戦は不参加となりましたが、中田浩二、稲本潤一、酒井友之、本山雅志、高原直泰が選ばれました。監督は同じくフィリップ・トルシエ。
この時、読売ヴェルディの練習生から頭角を現してきた、当時は全くの無名選手だった中澤祐二が大抜擢されました。中澤さんのアフロパーマ(ボンバーヘッド)をトルシエが批判して切らないと五輪メンバーから外すと発言したのを、スポーツ新聞が一面で取り上げられたりしましたね~。
(トルシエとマスコミの関係は悪くて、何かと選手と監督の確執を煽った記事が飛び交っていました)
ブラジル、南アフリカ、スロバキアという予選グループに入るも、順調に予選突破しましたが、次の決勝トーナメント1回戦のアメリカに惜敗。
延長戦からのPK戦という大激戦になりましたが、この時のトルシエ采配には不満が残りました。
交代枠が後一つあるのに、最後までカードを切れなかったんですよね。もう走れない選手がいたのに、万が一の事を考えて日和ってしまったんだと思います。日本が攻め続けていたんですけどね~。結局PK戦になってしまって負けてしまい、勝てた試合を落としてしまって、本当に惜しかったです。
シドニー五輪のメンバー以下の様になってます。

GK
楢崎 正剛(オーバーエイジ)
都築 龍太
DF
中澤 佑二
松田 直樹
森岡 隆三(オーバーエイジ)
宮本 恒靖
中田 浩二
MF
稲本 潤一
中田 英寿
明神 智和
中村 俊輔
三浦 淳宏(オーバーエイジ)
酒井 友之
本山 雅志
西  紀寛
FW
平瀬 智行
柳沢 敦
高原 直泰

そして、このメンバーから2002年日韓W杯へと絞り込まれたんですよね。
中村俊輔の涙の落選会見は、今でも記憶に新しいです。逆に市川大祐は、五輪では選ばれなかったけど、W杯では選ばれましたね。
W杯開催国は、予選免除になるので、チームの経験や熟練度などが心配されましたが、監督であるトルシエがユース、五輪と兼任して戦力を底上げして来た事が結果に繋がったんだと思います。


それにしても、五輪は始まると一気に消化されていきますね~。注目する競技を絞らないと消化できそうにありません(^^;
2012/07/29(日) 05:29:37 | URL | シーフォ #szTeXD76 [Edit
>シーフォさん
> (トルシエとマスコミの関係は悪くて、何かと選手と監督の確執を煽った記事が飛び交っていました)
ふむふむ、中澤さんは大抜擢だったんですね~。それにトルシエとマスコミの関係は、当時私はまだサッカーに関心が薄かったのですが、「チームの空気は険悪」て報道ばかりだったのはぼんやり覚えてます。私もこの頃はまだ素直に、マスコミの報道を真に受けてた頃だったなぁ、なんてしみじみ思い出してしまいました(;´∀`)

>交代枠が後一つあるのに、最後までカードを切れなかったんですよね。
交代のタイミングって難しいんでしょうけど、今だったら「バテバテだったのに代えないなんて!」て非難されまくったでしょうね(;´Д`)それにOA枠に使われたGK楢崎さん。まさに今の五輪メンバーで「どうして貴重なOA枠をGK(控え)に使ったのか」て議論もあるだけに、こういう枠の使い方も判断力の差が出るのかな、なんて思いました。

> 中村俊輔の涙の落選会見
あぁ、トルシエとの関係がどうのこうの言われてましたっけね・・・。けど代表監督がユースも五輪も兼任するのは、総合力の底上げとしてはいいんでないかな、と思わせてくれた監督というイメージもあります。

> それにしても、五輪は始まると一気に消化されていきますね~。
本当にそうですね!また睡眠時間がガリガリ削られます(´;ω;`)
2012/07/30(月) 01:05:32 | URL | 茶葉 #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。