QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

ロンドンオリンピック2012

2012.08.13 *Mon
ロンドンオリンピック (2012年) LONDON 2012 OLYMPICS (BIG BEN - BY TANYA CHALKIN) ポスター (120727)ロンドンオリンピック (2012年) LONDON 2012 OLYMPICS (BIG BEN - BY TANYA CHALKIN) ポスター (120727)
()
フラスター

商品詳細を見る


燃え尽きた・・・。今大会はイギリスのロンドンを中心に行われました。色々と問題も多かった大会ではあったけど、私にとっては、こんなに最初から最後まで楽しめた五輪は初めてでした。

各競技ごとの感想。見たものだけ。

柔道
色々な意見はあるだろうけど、私は柔道オモスローと思いながら見てました。前回は足元に飛びついて引き倒す場面ばかりだったけど、今回は決め技の種類も多くて面白かったです。終了直前からの逆転、敗北寸前からの返し技など、カウンターが楽しい競技だなぁと思いました。

確かに担ぎ技は少なくなって、総合格闘技になってきました。けど、激しい組み手争いから睨みあいに発展した、アメリカとドイツの選手の試合は熱かったし、寝技の上手い中矢選手と、関節技狙いのロシア選手の決勝も最高に面白かったし、今でも魅力的な競技だと思います。

ただ、日本選手全体に漂う悲壮感は気になりました。松本選手は別格だったけど、もっと上層部が”投げ技は選択肢のひとつ”と割りきってもいいと思います。綺麗に投げて、金しか許されなくて、他競技の要素は邪道扱いされるなんて、日本選手だけ重圧ありすぎて不公平です。

あ、でも、相手への敬意を欠く選手は多かったように感じました。勝利して喜ぶのは当然だと思うけど、敗者に跨ってポーズを決めた選手とか、本気で腹立ちました。名勝負が台無し。

競泳
メダルラッシュだった競泳競技。若手選手が上位争いしてくる状況に燃えました。中でも女子の平泳ぎは代表選考会での争いも熾烈で注目してたので、これだけ世界のトップに食い込んでくる選手が出てきたのは嬉しいですね。それに男子の平泳ぎもまたドラマティックで燃えました。

北島選手をきっかけに競泳を見始めたようなものなので、自分自身も感慨深いものがありました。今大会のレースもそれぞれ北島選手らしかったですよね。特に200M決勝は、もうペース配分とか関係なく全力で突っこんで、日本の後輩に後を託すような、気持ちの入るレースで。

金メダルをとった時点で引退できれば、それは綺麗だけど、あくまで実力で選考会を勝ち抜いて、こうして世界の舞台に挑んでくるのが、なんともかっこよかったです。勝ち逃げしないかっこよさというか。そして最後のメドレーリレーでは、もうね・・・。結果にもコメントにも泣かされました。

体操男子 個人総合
団体決勝はニュースで見ただけなので、感想は男子個人総合で。日本の2選手が最後まで上位に位置していて、誰もが納得する形で内村選手が優勝した試合でした。男子は他国の選手とも和やかでいいですね。いい演技をしたときには、他国の選手であっても演技を称えて。

自分との戦いが主で、内村選手が本当に嘘みたいに綺麗だから、なのかな。それに表彰式で、アメリカとドイツと日本の国旗が上がっていく場面は、なんともいえない感慨がありました。

バドミントン
これまた色々と揉めた競技でしたが。けどすごく面白かったです。個人的にバドミントンは苦しい思い出しかなくて、今まであえて見ようとは思わなかったけど、こんなに面白い競技だったのかと思いました。シャトルの大きさも視認するに程よい大きさで、スピード感もあっていいですね。

女子ダブルスの銀メダル。正直”たなぼた”だと思いました。決勝を見るまでは。準決勝の試合もかなり押されてたのに、まさかこんなにいい試合になるとは。中国は本当に強い、けど日本の粘り強さも本当に強い。男子シングルの佐々木選手と中国の選手も最高の試合でした。

フェンシング男子
照明を落とした会場の中に、光り輝くように浮かび上がる決闘ステージが、とてもかっこよかったです。攻撃が早すぎて素人には判別できないけど、後ずさる相手を追いかけて繰り出される攻撃や、交差した瞬間に踊るように急所を決める攻撃など、画になる場面が多かったです。

この競技も判定が問題になりました。けど素人にはよく分からないのでパス。とにかく日本選手全員がきっちり仕事をしていて、積極的に攻める試合をしてくれたことに感動しました。特に最後の要所に出てきた淡路選手は、攻める気持ちまるだしの試合で、熱くさせてくれました。

卓球女子 団体
これもニュースで見ただけなのですが。日本卓球界の長い悲願で、選手にとっても長い目標だったメダル獲得。帰化ではなく強化にこだわった結果が出て、本当に良かったです。経緯は知らなくても、勝った瞬間の選手達の嬉し涙は感動しました。やっと掴めたメダルが銀って凄い。

テニス男子 シングル
試合時間が不明確なので、テレビ放送には恵まれなかったテニス。変態的なハードスケジュールの中、地元のマレーが優勝するという劇的な結末でした。あれだけ歯が立たなかったデルポトロに、これだけ熱くて拮抗した試合が出来るようになった、錦織選手の成長に感動しました。

馬術競技 障害馬術
総合馬術も見たけど、実況も解説もないストリーミング放送で見たので、私には難解に感じました。でも障害馬術は面白かったです。障害物さえ芸術的。おうまさんが障害物を乗り越える姿がかっこいい。騎手の衣装がかっこいい。特に女性が騎手だとなんかテンション上がった。

レスリング
密着度が高くて苦手意識があったけど、見てるうちに慣れてきました。ルールもよく分からないけど、とにかくバックを取る、引き倒すなど、自分が優位なポーズに持ち込んだらポイントが入るらしい。こちらも劣勢からの大技逆転に燃えました。特に劣勢じゃなくても大技には燃えました。

サッカー女子
苦しい試合も多かったけど、決勝はいい試合でした。正直アメリカにはもっとやられると思ってたん。WCでは圧倒的に攻められて、わずかなチャンスにかけてきた日本が、こんなに対等な試合が出来るようになってました。フランス、カナダも強かったし、面白い勢力図になってきましたね。

サッカー男子
失点してからのメキシコ戦、3位決定戦に関しては、以前の日本に戻ったようでした。けど今大会で得られた経験は本当に大きかった。やっぱり五輪本選に出るって大事。特にメキシコからは多くを学びたい、メキシコのようなチームになってほしい。メキシコともっと試合したいですね。

バレーボール女子
こちらも長年の悲願だったメダル獲得でした。こういってはなんだけど、日本でやるような過剰な演出や応援がないと、素直に競技として楽しめるんですね。本当に総力戦でそれぞれが力を出して勝ちとれたメダルでした。ちっこい日本人がでっかい人有利な競技で勝てると嬉しい。

ボクシング男子
アマボクシングは手数の多さよりも、綺麗にパンチが入ることが重視される競技で、挑発行為なんかも審判から静止されます。こういうとこスポーツを意識してるのかなぁ、とは思います。ただ、かなり審判の判定は外部からの圧力に左右される競技、という印象は残ってしまいました。

けど面白かったです、ボクシングも。特に決勝はどの試合も熱かったですね。日本の選手もそうだけど、各自の特徴がはっきりしていて、基本的に正面から打ち合う展開が多くありました。半世紀ぶりの日本人のメダル、しかも重量級でのメダル。本当に奇跡としか言えません。すごい。

陸上
今回の会場は、トラック競技は記録が出やすかったけど、フィールド競技は不調でしたね。それに改めて、全体的に黒人選手が増えてきたと思います。日本の選手も、男子400リレーで(ボルトと一緒に走って!)5位だったり、男子100Mで10秒台を出す選手がいて良かったです。



感想書くだけで疲れた・・・。けど本当に面白い大会でした。サッカーが勝ち残ると五輪は長く盛り上がれる、という発見もあったし、勝敗に関係なく絶対に関わりたくない国もはっきりしたし、メダルも史上最多だそうだし、視聴者的にはよい大会だったと言えるのではなかろうか。

誤審の多さに関しても、そもそもこれだけ”誤審”が表沙汰になったのは、ひとえにイギリスの観客が競技を楽しんでいたからで。観戦し慣れてる、目が肥えてる、だから不可解な判定には大ブーイング。判定が覆るのはそれだけ選手に誠実だから、とも取れるんでないかと思いました。

まぁ、それでも運営の進行の不手際に関しては、フォローしようもないのだけども。特にアジア系への対応には、そこはかとなくイギリスらしさが現れてたような。でも日本もやっと抗議をしてくれるようになったし、悪い印象はございませぬ。よい五輪でした、皆さまおつかれさまでした!!
拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。