QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

超訳百人一首 うた恋い。第7話「義孝と源保光の娘 藤原義孝」「高内侍と道隆 儀同三司母」

2012.08.31 *Fri
超訳百人一首 うた恋い。 一(完全生産限定版) [Blu-ray]超訳百人一首 うた恋い。 一(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2012/09/26)
梶裕貴、諏訪部順一 他

商品詳細を見る

命の限り。

ほんと、このアニメって構成上手いですよね。原作からそうなのか、それとも原典からかもしれないけど、ちゃんとお話は一話かAパートで完結するのに、しっかりお話同士に繋がりがあるのが嬉しいです。今回は男性の関係と詠んだ歌の内容が繋がって、更に満腹感が増しました。

コメント付きで見てると、ほんとみんなよく知ってるなぁ、て感心します。この人は誰々のお父さんで~とかこの歌好き~とか普通に話してるから、自分がものすごく無知な気がしてきます。いや実際ものすごく無知なんだけど。けどそうやってガヤガヤしながら見るのが楽しい作品だよねぃ。

今回のAパートは、いつ自分が死んでもいいと淡々と語る義孝が、本気で死ぬかもしれないと感じた瞬間を迎えて、事務的な付き合いしかしていなかった女性に、初めて攻めに出るというお話でした。今まで友情話とか当惑話が続いてた分、押し倒し場面でなんか興奮してしまた。

平安時代の女性の長い黒髪と長い衣装って、押し倒したときが一番綺麗ですよね。なにやら変な言い方ですが。最初は文を交換することから始まって、次は御簾越しに言葉を交わして、やっと最後に御簾を乗り越えて顔を合わせて、後はそのまま・・・ていう演出がとてもいいと思う。

うむ、また話がそれた。えと、今回は個人的に義孝が詠んだ歌より、「自分が死ぬかもしれないと思ったとき、君に会いたいと思った」て言葉の方が印象的でした。なにこの殺し文句惚れる。それにこの瞬間の女性の表情がまたいいんですよね。驚いてて、嬉しそうで、すごくかわいい。

そしてBパート。なによりも、あんなに綺麗に結ばれた義孝が、21歳で亡くなった、という事実が胸に刺さりました・・・。そういう時代だったんだなぁと、改めて義孝の歌の重みが増します。

このパートは、義孝のいとこである道隆と高内侍のお話。ここでは、道隆がとにかく押せ押せで高内侍に迫ってます。高内侍の気持ちがよく分かっただけに、頑なだった彼女の心を開いた道隆と、巧妙なアシストで2人の仲をとりもった義孝、それぞれがとてもかっこよかったです。

この場面で出てきた高内侍の歌は、「この瞬間が幸せすぎるから、もう私もあなたも死んでしまえばいいのに」て感じだっけ。義孝が求めた瞬間を死→生に例えたのとは対照的に、高内侍は求められた瞬間を生→死に例えたのが、なんだか切ない気がします。けどすんごい分かる。

いいところは義孝が持っていったように見えて、道隆のどっしりとした漢っぷりがまたかっこよくて、2人の関係も関わり方がとても粋で、見ていて幸せな気持ちになりました。そして今回も記憶に残った女性の表情。高内侍の怒ってるような泣いてるような顔、なんか好きなんだなぁ。
拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

エコマーク! 途中だけど・・^^; 『超訳百人一首 うた恋い。』 第5話 東下り 小野小町 康秀は三河国へ赴任するのに、一緒に田舎見物は如何かと小町を誘いました。 つれない歌...
2012/08/31(金) 15:11:58 | マイ・シークレット・ガーデン vol.2 [Del


Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。