QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

黒子のバスケ 第24Q「カン違いしてんじゃねーよ」

2012.09.23 *Sun
黒子のバスケ 8 [Blu-ray]黒子のバスケ 8 [Blu-ray]
(2013/02/22)
小野賢章、小野友樹 他

商品詳細を見る

最高の敵。

たははははは楽しすぎわろおおおおおおおどあああああ

凄いものを見てしまいました。ストーリーも演出も画も審判も音楽も、最高に熱かったです。こんなに作画に圧倒されたスポーツアニメは初めて見ました。ありがたいことに、作画が凄いアニメには出会うんですけどね。今期で言えば信奈ちゃんとか、前期だったら宇宙海賊のような。

けどこれはバスケ。試合中は動きっぱなし。異空間にワープとかしない。それでこれは凄い。凄いとしか言えない語彙の無さに泣ける。どんなに作画が死にそうな回でも、黄瀬の作画は割と安定してたから、スタッフの黄瀬への愛は感じてたけど、今回の(特に後半の)作画パない。

てかOPも黄瀬が乗っ取ってましたね。主人公以外の試合で最終回まで行っちゃうのかなぁ、とちょっとだけ不安に思ってたけど、とんでもなく面白い試合でした。わーわー言ってしまたわな。

黄瀬の秘策は、青峰をコピーすることでした。今までコピーしてきた相手の能力を使うのかなと思ったら、現在対戦中の青峰をまるごと学習してしまうという。複数の能力を使うより、青峰1人のスタイルをコピーする方が強力という。んー、たまらん。青峰の焦り顔たまらん。もっとやれ。

攻撃は捨ててでも、青峰を観察することで、その全てを頭に叩きこむ。強く憧れて、追いかけた相手だけど、対等にならなければ勝てない。最初から勝てない相手と線を引くのではなく、自分も戦えると思わなければ。ここの、黄瀬が決意を固める場面は、かなり涙腺に響きました。

そして、相手がそういう覚悟で向かってくることを、青峰も望んでいたはずで。この前、黒子や火神もそんな覚悟で向かったはずだけど、実際に青峰を追いつめたのは黄瀬であり、海常というチームでした。エースへの信頼、エースがいなくても相手を抑える覚悟、ギリギリ勝負の高揚感。

青峰の「俺を倒せるのは俺だけだ」という言葉は、黄瀬が青峰と対峙するための言葉だったんですね。・・・ほんと、きっちり下準備しますよね。こうして実を結ばれてしまうと文句が言えない。

それに、黄瀬が「黒子が言っていた意味が今では分かる気がする」という言葉も、最高に嬉しかったし感動しました。エースとしての絶対的な個性を捨てるわけではなく、強要されなくてもエースのためにみんなが動いて、みんなのためにエースが燃えて、エースと仲間の垣根を越えて。

黄瀬が黒子とちょっとだけ話してた場面も、しみじみ頷けるような成長した2人のいい会話でした。個が圧倒的に強いチームも魅力的だけど、個が団結しているチームもとても魅力的。超人を要するチームが必ず勝つわけではなく、何が起こるか分からない。だからスポーツは面白い。

うーん、これはBD買っちゃうかな・・・。
拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。