QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

超訳百人一首 うた恋い。第12話「道雅と当子 左京大夫道雅」「うき世の月 三条院」

2012.10.07 *Sun
超訳百人一首 うた恋い。2 DVD付特装版超訳百人一首 うた恋い。2 DVD付特装版
(2011/04/28)
杉田 圭

商品詳細を見る

夢の終わり。

とても切ない話だったけど、やっぱり悲恋は画になりますね。

大人と子供だった2人が出会って、恋人同士になって、引き離されて。時間を重ねていく中で、一族の重荷を背負う道雅を、無垢だった当子が理解していく過程が、とても切なかったです。

けど、今回の話が一番、恋人同士になってからの幸せな期間を、丁寧に描いてた気もします。悲しい結末だからこそ、幸せな場面が記憶に残る。同じカットを使い回してたのは少し残念だったけど、演出によって同じ場面で2人が何を考えていたのか聞けたのは、良かったと思います。

それに、親の反対で悲恋になってしまうお話なのに、その反対をした父上が傲慢親父ではなく、娘の幸せを願っているからこそ反対した、弱々しい父親像だったことが、かなり胃に堪えました。

生まれたときから自分の立場が決められていて、娘の幸せさえ自分では守ってあげられないってのは、相当の無力感ですよね。当子もそんな気持ちは痛いほど分かるから、道雅にも、父親にも、直接責める言葉をぶつけない。そんな当子はとても大人で、だからこそ辛い場面でした。

道雅の歌は、好きだけど別れなくてはいけなくて、でもその言葉を告げられない悔しさが滲む歌。そしてもう一つ、三条院の歌は、別れを覚悟しながらも、幸せな過去に想いを馳せる歌。一族の命運なんて重すぎるものを背負っていた男性2人の、とても切ない惜別の歌でした。

ただ、前話の視聴中に「今回の話は救いがない」ってコメントがあって、どんだけ絶望的なんだとビクビクしてたけど、悲しいばかりではなかったです。特に三条院の歌。この歌は、俗世を捨てる決意を固めたはずなのに、過去の幸せな記憶にすがってしまう、自分の愚かさを皮肉った歌。

でも、その一方で、娘がそれだけ愛せた人に出会えたこと、現世に絶望して見限ったつもりなのに、結局捨てられないほど幸せな記憶を抱けたことを、父親として喜ぶ歌にも思えました。

当子が自分も尼になると言った時、その表情には悲壮感が漂ってはいたけど、心の底から大好きになった人を、大好きなまま生きていけることは、それほど不幸なことではないですよね。
拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。