QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

K 第6話「Karma」

2012.11.21 *Wed
K vol.1 [Blu-ray]K vol.1 [Blu-ray]
(2012/11/07)
浪川大輔、小野大輔 他

商品詳細を見る

急に歌うよ-

今回は赤陣営が(というかみさきちゃんが)必死に犯人を探している理由が語られました。それにこのアニメの方向性も、やっと示された・・・といっていいのかなぁ?このアニメの方向性というより、シロクロネコメインの回は、こういう路線で話を進めますよ~、みたいなノリかもしれない。

経歴や出生の情報が抹消されて、自分が確かに存在していることを、他人に証明できない主人公。倒錯する記憶に苦しみながら、身に覚えのない罪を晴らすため、事件の真相を追う。・・・なにこれ面白そう・・・。大好きですよこういうの。逃亡者とか裏切りとかダムに飛び込むとか。

てか、こんなに面白そうな話だったなら、もっと早くに言ってくれて良かったのよ・・・。あまりに出し惜しみされすぎると、もう事件の真相とかどうでもいいすわー、てなっちゃうのが乙女心ぉ・・・。

赤サイドの話も面白かったんですけどね。高校生時代の赤王がかっこよくてキュンとして、赤王の人柄がちょっと見えてキュンとして。・・・けどこれ、後半まるまる使ってまで、語ることなん?

確かに赤陣営が犯人を追う話も面白そうだけど、メイン級が多すぎるんでないかなぁ、と。何も分からないシロの隣で、ネコがシロのために他人の記憶をいじった?り、クロがシロへの見方を変えている。これだけで充分魅力的だと思うのです。そこに赤視点もやっちゃうとぶれてまうー。

被害者の人格を描いて、赤陣営に親しみを持たせてくれるのは嬉しい。でも、赤に寄りすぎて主人公サイドの話が薄味になってしまうのは、せっかく面白いことやってるのにもったいない。

被害者が意味不明すぎて怪しい。マスターが各陣営に顔が広すぎて怪しい。犯人は赤陣営内にいそうだけど、だったら赤陣営が事件を追うアニメにしてくれたら良かったのに。それに被害者とシロ似てるけど、変態剣士と青王の見分けも付いてない私には、いかんとも判断できぬ。

うーん、とにかく、赤陣営にこれだけの尺を割くなら、2人の対比かと思ったら2人は感情共有してたよ!みたいな、シロと被害者が接してるような話が見たかったです。今回も面白かったんですけどね。なんか文句ばっかりだけど、それだけ好みの系統で、本気で期待してるのですじあ。
拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。