QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

エル・カザド14話

2007.07.05 *Thu
今回はイヤホン視聴だったんですが、いやぁ、音楽ちゃんと聴こえると涙腺ゆるみやすくなって困りますね。泣いてませんが。でもCM前後の銃弾チャリーンのところは音が急にでかくなってびびりました。

えーと、最初から最後までエリスと博士の過去話だったんですが・・って、ぇえ!?結局そこはぼかすの!?つーか次回はふつーに現代だったっつーことは過去話これで終わり!?

途中で偉人?だか誰だか(←私が知らないだけでたぶん有名な人なんだとは思う)の格言がはさまれるんですけど、これって必要・・?博士の心情とかこれからの悲しい出来事をにおわせてるんだろうなぁ、とは思うんですが、せっかくの2人のいいシーンの後に入れられたりするんで、なんというか、もっと余韻をください・・。

そういや多分若かりし頃のメガネもでてましたが・・メガネがメガネしてないとメガネって呼べないし博士もメガネだったからこんがらがるじゃねーか(←メガネ言いすぎ)ということでやっと名前覚えました。ローゼンバーグ。でもやっぱりメガネで。

それにしても、あんなかわいいエリスと2人きりで暮らしてたらそりゃ愛しちゃいますよね。親子みたいな情なのかな、と思ってたけどそれよりもロリコ・・あ、男女の愛情に近いような気がしました。なんか目つぶってたし。

でも博士はエリスに愛情は感じてたのに研究は続けてたのはなんでだったんでしょうか。メガネにほんとの報告をしてなかったということは、エリスがいやがる検査もしなくて良かったのに。そこは研究者の性なんかなぁ。

文句いいつつ、話は良かったです。声好きだし。
拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

品質評価 12 / 萌え評価 41 / 燃え評価 10 / ギャグ評価 8 / シリアス評価 16 / お色気評価 20 / 総合評価 20レビュー数 48 件 森と湖に囲まれた山荘。そこでは、若き物理学博士ハインツ・シュナイダーと、検体であるエリスが暮らしていた。成長とともに自我の芽生えていく
2007/07/06(金) 11:18:29 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン [Del


Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。