QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

もっけ 7話

2007.11.16 *Fri
今回の教訓:見た目と中身は違う。

このアニメは話もいいけど背景がきれいだし、使いどころは謎なときがあるけどそれぞれの音楽もいいんですが、なんといっても声優さんが豪華ですよね。あまりしゃべらないような脇役にも有名な声優さんがいたりするし、ゲストも毎回豪華です。今回は高山さんだったし次は誰が来るのかも楽しみになってきました。

さて本編のほうは、今回も瑞生サイドで、話自体は楽しめましたがそろそろ静流の話も見たくなってきました。でも次回も瑞生の話っぽいんでちょっと残念です。その話は見た目はおとなしそうでも中身は結構激しかった久佐子の話。一歩間違えれば女の子同士ってむずかしいなぁ、と改めてしみじみ思いました。

結局久佐子の小さな(←本人談)嫉妬が瑞生の体にあざを残したんなら、最後に久佐子のせいではなかったと思える瑞生は大人ですね。私には久佐子のせいだとしか思えなかったんで余計に。

たとえそれが久佐子のための行動でも、自分が好きな男の子と仲良くしてる瑞生がいやだったのかもしれないけど、それで怖い目にあわなきゃいけない瑞生は完全なるとばっちりですよね。自分のため、と言いつつ好きな男の子に近づいてるように見えたのかもしれないけど、久佐子と瑞生の信頼関係も結構もろいんだなぁ、と思ったりもしました。

まぁ榎本君は結構かっこいいしスポーツ万能っぽくてもてそうだし心配するのも分かるけど、でもそれで周りにあたるなよ、と小学生に言いたくなる自分は相当器が小さいです。近すぎて伝えたいことも伝えられないのかもしれないけど、これからがんばれ久佐子。でないと瑞生がまた迷惑すr・・。 拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。