QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

パプリカ

2008.09.22 *Mon
パプリカ [Blu-ray]パプリカ [Blu-ray]
(2007/05/23)
林原めぐみ、古谷徹 他

商品詳細を見る

千葉敦子は、時田浩作の発明した夢を共有する装置DCミニを使用するサイコセラピスト。ある日、そのDCミニが研究所から盗まれてしまい、それを悪用して他人の夢に強制介入し、悪夢を見せ精神を崩壊させる事件が発生するように。一体、犯人の正体は…?目的は…?そしてこの悪夢から抜け出す方法は…。
あらすじを引っ張ってきてみて初めて、あぁそういう話だったのかと納得しました。夢と現実がごっちゃになってる構成なので、視聴者的にも現実と夢の境目が分かりにくくなってる物語です。まさに思うツボ。

まずは見始めてすぐに始まるOPに圧倒されました。平沢さんのあのテーマ曲が流れだしただけでも大興奮なのに、パプリカが飛びはねる姿が鮮烈です。しょっぱなから見る者を強烈に引き込んできます。

パプリカの衣装も多彩だし、敦子が男性諸君を惑わせるのも楽しいし、時田に用意されていたまさかの展開にニヤついたり、ちゃっかりキスシーンまであった粉川も、まさに「夢」を体現していて最高でした。

でも一番共感しちゃったのは小山内かな。嫉妬深くて執念深くてエロい男だけど、他の面子が濃すぎるので一番普通の人に見えました。好きな人を手に下すのは嫌、なんて中途半端なところも良かったなぁ。

パプリカと敦子の声は、どちらも林原めぐみさんでした。最初に声を聞いたときはちょっと違和感があったけど、終盤にはこの声で良かったと思えてきます。特に敦子バージョンの声は林原さんならでは。

一番印象に残っているのは、なんといっても終盤のカオスな世界風景です。華麗に飛び降りていくサラリーマン、女子高生とおじさんの図、パソコンにこもる人など、上手いこと社会風刺が効いていました。
拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。