QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

ソウルイーター 第35話

2008.12.08 *Mon
流血多め。

死武専対アラクネ軍団の戦いは今までで一番大規模な戦闘になりました。数の上では死武専側が不利なように見えましたが、生徒含めてみんな精鋭ぞろいですね。オックス君は素直にかっこいいと思えるようになってしまったし、シドも流血は多かったけどその強さはうかがえました。

ミフネとシドのおっさん対決は2人の特性がでてて面白かったです。ミフネは刀1本で全ての攻撃を止めてしまうので、装備はほんとに薄いのに攻撃が当たる気がしません。火薬の匂いにすぐに気付いて地雷の罠も回避するあたり、さすがに場数踏んできただけのことはあります。

一方シドは基本的にミフネに先手をとられてたような気はしますが、戦い方は結構好きです。地面にもぐったり罠をしかけたり、真正面から攻撃しかけるというよりは影から攻める感じですね。でも唯一ミフネにダメージ与えた攻撃が真正面からの攻撃だったのは良かった。

シドもミフネを「敵にしとくにはもったいない」と軽く勧誘してましたが、ミフネは娘(←アンジェラ)を人質にとられてるのでいくら誘われても動けないですよね。まぁEDのアラクネ勢力側にひっそり立ってるし味方になることはないんだろうなぁ。最後のシドを見逃すところはかっこよかったです。

そして磁場の影響ギリギリだったシュタインとマリーは、マカたちに促されて外にでることができました。シュタインの狂気はもう限界のところまで来ているようだったし、マリーも大丈夫ではなさそう。個人的にはマリーさんの戦闘面での活躍を望んでましたが、それはまた今度なのかな。

戦闘はなかったとはいえ、マリーさんの叫びはすごく悲痛でした。自分は大人で教師なのに、危険な戦場に乗り込んでいく子供たちを止めることもできない。職人武器合わせると命令違反した生徒は14人?このときのマリーさんの無力感は痛いほど伝わってきました。

でマカたちは隠れ筋肉の持ち主だった小執事に苦戦して、最後はまた黒血発動を決意する流れでした。小鬼の思惑通りとはいえ、ドーピング発揮しまくりそうな次回が素直に楽しみです。チームで発動となるとどんなんなっちゃうんだろ。 拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。