QLOOKアクセス解析

キャシャーン Sins 第14話

2009.01.11 *Sun
地形が変わる兄弟ゲンカ。

しばらくぶりに見たせいか、だいぶ雰囲気変わってたような気がしました。でも記念すべき2クールめの最初の話も重苦しく始まるあたりがこの作品らしすぎて泣けてきます。OPはそのままで、EDは新しくなってました。
今回の話はリンゴがキャシャーンを追って~オージはリンゴを追って~リューズもいつものようにどこからか観察してて~キャシャーンにつられるディオもいて~という日本昔ばなしのような話でした。

リンゴも心なしか大人っぽくなってたような気がします。顔の表情とかしゃべり方が前よりはっきりしたように感じました。自分のなかでリンゴ=ルナ説が盛り上がってるから余計にそう感じるだけかもしれませんが。

キャシャーンを心配して追いかけていたリンゴは途中でロボットたちの集団に出会い、ルナがいるという街にキャシャーンもいるかもということで、声をかけてくれた女性と一緒にその街に行くことになります。

しかしそこで待ちうけていたのはルナではなく、ルナを殺す目的で動いてるロボットたちの群れ。逃げ場のない閉鎖的な空間で次々と行われる虐殺に、またこういう展開か・・・と絶望的な気分になりました。

街を襲った兵隊たちはディオのために自主的にやったんだとレダは言いますが、レダが煽ったとしか思えませんね。ある意味一途なディオやうさんくさいけど一応ロボットのためを考えていたボスと比べて、レダは色々と怪しすぎです。

声をかけてくれた女性も目の前で殺されてリンゴ自身も危なかったんですが、オージが駆けつけてなんとか逃げ出すことができました。でも逃げた先にもロボットたちは待ち構えていました。そこに現れたのがキャシャーンたち。

助けに行くことで関わってしまうことを恐れていたキャシャーンを呼んだのはリューズでした。でもリューズはいつも後方にいるのになんかえらそうだし説得力もなくてあまり好きになれないんですよね。なのでキャシャーンが動いた理由がリンゴだったのはほっとしました。

結局リンゴたちを助けることはできたものの、次男が長男にケンカ仕掛けてきて、オージがとばっちりくらったりしながら盛大な兄弟ゲンカが始まってしまいました。戦闘シーンはさすがだけど速すぎてよく分からん。

最初は調子こいてるディオが有利っぽいのにだんだんキャシャーンが押してる感じになるのが前回と同じで涙を誘います。キャシャーンが「自分を倒して満足するなら殺されてもいい」とか言いだしたあたりはさすがに殴りたくなりました。

そして勝負はリューズを張り倒したレダがケンカを強制終了させて、結果ディオのプライドが更に傷ついただけで終了、というあまりに泣ける終わり方でした。ここのリューズがいかにもジャマ者だったのもまた好感度下がってしまった・・・。

リューズがキャシャーンに「弱いもののために戦え」とか言い出したのもえぇぇと思いました。1クール分くらいキャシャーンのストーキングして色々見てきた末の結論なんだとは思いますが、どうも唐突というか都合がいいというか・・・。

しかも2人がいい雰囲気だしちゃったりしてたところもソフィータに肩入れしすぎてる私にはショックな光景でした。主要人物も一通り揃ってこれからという感じはしましたが、いつもよりは引き込まれなかったかもしれない。
拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

05 ≪│2021/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル