QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

ソウルイーター 第41話

2009.01.23 *Fri
狂気の世界。

シュタインの狂気の世界なのでシュタインが追いつめられてる話なんですが、見てるだけで視聴者もじわじわ精神的にくる世界ですね。でもコスプレパパには笑ってしまった。
行方をくらましたシュタインはメドゥーサのもとを目指しているようでした。自分の中の狂気と戦い続けながら。シュタインにとっての狂気の象徴はメドゥーサ、正気の象徴は幼いときの自分の姿なんですね。

でもメドゥーサの姿は今のちっちゃい姿を反映してたので、あれはシュタインの妄想というわけではなくて実際メドゥーサ自身がけしかけてることなのかも。他に狂気側の登場人物としてでてきたのはパパとマリー。

マリーの外見はそのままだったんですが、パパは門を守る番犬とドクターの格好をしてました。どシリアスなんだけどどうしても笑ってしまうのはなぜだろう。シュタインにとってパパは大きい存在なんだな、ということは伝わってきました。

ただ狂気と抗ってギリギリで回避してきたシュタインも、最後はメドゥーサの手におちてしまったようでした。どんだけ視聴者を追い込もうがやはりそれだけ狂気は大きすぎたのか。希望もありそうですけどね。

一方現実のマリーはシュタインの捜索打ち切りの話に納得がいかず、メドゥーサのもとにいってシュタインを取り返したいと願い出ていたクロナに同行することになります。マリーの怒りの表情は怖かった。ぜひ今度こそマリーの本気をお願いします。

マカはママから絵はがきをもらったことでなんとか回復したようですが、キッドは死武専への不信感を相当持ってることを改めて思い知らされて終了です。やっぱただでは終わりませんね。

最後のED見てると衝撃的なネタが多いので、正直OPよりインパクトあります。ああいう結末にならないといいなぁとは思うものの、負けた勢力はああいうことになるのかもしれないですね。ほんとこのアニメは明るいようで暗いところ多いわ・・・。
拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

第41話 「クルクルクルル~博士は踊る、新しき世界?~」 くるくるくるくるシュタインは精神世界(狂気の世界?)を彷徨い中。 シュタ...
2009/01/26(月) 07:54:13 | ワタクシノウラガワR [Del


Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。