QLOOKアクセス解析

キャシャーン Sins 第18話

2009.02.11 *Wed
葛藤の末に。

今回の話はリューズのリューズによるリューズのための話でした。メインの登場人物としてでてきたのはリューズとリーザだけだったんですが、インパクトは今までで一番あったかも。
前回リューズが単独行動するようになったととれる場面はなかったと思うんですが、今回リューズは一人旅してました。オージがしっかり決意して別ルートを行ったので、それでリューズも1人で考えたくなったのかもしれませんね。

リューズは無念のうちに滅んだ姉のためにキャシャーンを殺そうとしていたのに、その人が苦しむ姿を知ってしまい、憎まなくてはいけない相手なのにとても好きになってしまった相反する想いを抱えていました。

正直あんだけ殺す殺す言ってたリューズがデレデレになってるのを受けいれられなかった部分もあるので、ここんところをじっくりやってくれるのはありがたかったです。ただキャシャーンに対する想いを自覚するまでの描き方には色々と驚きました。

まずいきなり始まる実写パートが不安を煽られます。この実写の女の人はリューズなのかリーザなのか迷うところですが、白い服に長い黒髪を見ると私は貞子を思い出してしまうので、今にも画面からでてきそうで怖かったです。

次に驚いたのはリューズが女として生々しい想いを抱いてること。リューズが心の底で願っていることが鏡に映しだされてしまう場所で、そこに映しだされたのはキャシャーンと裸のリューズが密着している画でした。

これはリューズのキャシャーンへの想いはただの好意じゃなくて、この人に抱きしめられたいというところまで育っちゃってるってことでしょうね。自分が心の底ではこういうことも思ってることを自覚してしまうのはリューズにとっても衝撃だったと思います。

でもこの次のリューズの行動には心底びっくりしました。リューズの願いを見透かした甘い言葉で誘ってきた人間の男に身体をゆだねてしまう、なんてことまでやっちゃうとは・・・。

こういう展開をアニメで見たのは初めてだったので、ほんとにびっくりしました。昔の作品だと結構さらっとこういう描写があった気もするんですけどね。てっきりこういうことはレダの役割だとばかり・・・。(←失礼)

けどこういう自暴自棄にしか見えないような行動が、キャシャーンについていく決心につながったんですね。うまいこと女をたらしこめたと思ったのに、リューズの自己完結で殺されちゃった男は気の毒でした。

ただリューズのキャシャーンに寄せる想いを強調したことで死亡フラグは濃くなった感じもしました。今回も生々しい話だったんですが、生々しく感じるってことはそれだけ人間的なことやってるってことなのかもしれないですね。
拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

05 ≪│2021/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル