QLOOKアクセス解析

スキップ・ビート! 第19話

2009.02.19 *Thu
自重したラブミー。

尚との直接対決もクライマックス。キョーコにとっては難しすぎる設定ですが、その難題をどうキョーコが克服していくのかって感じでしょうか。そして今回も不意打ちで流れてきた歌にメンタル鍛えられました。
なんか毎回歌が~歌が~とか言っててすみません。決して曲がどうとか言いたいわけではなくて、私は知ってるキャラの声で歌ってる曲が流れてくると異様に恥ずかしくなってしまうクセがあるんですよね。いいかげん慣れたい。

さて本編。殺意がもれてる天使になってしまうとキョーコが悩んだとき、今は頼れる人がいることにしみじみ良かったねぇと思いました。第一候補はモー子さんで次点が蓮ってあたりがキョーコらしいなと思いつつ、重要なヒントをくれたのはモー子さんでした。

キョーコにとっての大切な親友といったらモー子さん。キョーコにとってモー子さんの男よりモー子さんの方が大事なのは当たり前だけど、モー子さんにとってみれば余計なお世話でしかない。この答えがキョーコの役作りに劇的な効果をもたらしました。

親友に嫌われてしまうかもしれないと思うと涙もだだ漏れになってしまうくらい悲しい。でも目の前の男を殺さないと親友が死んでしまうかもしれない。その心情をつかむことができたキョーコは見事な演技を見せます。

けどキョーコの涙は尚にとっては弱点のようなもの。キョーコはモー子さんに嫌われる悲しさを想像して泣いてたんですが、尚にとってはキョーコの涙はそのままキョーコの境遇を思い出してしまうものでした。

キョーコのお母さんのことについてはまだ詳しくは語られてないですが、尚でさえあれだけ動揺してしまうくらいのものがあるんでしょうね。目の前で泣かれるとフリーズしちゃうのは分かります。

けどこの一連の演技は尚がキョーコの涙に釘付けになってしまったために使えなくなってしまいました。尚のせいとはいえ、キョーコはまだまだ自分の演技の未熟さを思い知らされたようです。

この流れの中でとばっちりを受けたのは美森ちゃんと蓮。美森ちゃんは完全にキョーコにおいしいところ(尚とか)を持ってかれた感があるし、蓮は蓮でキョーコの天然に振り回された感じで。

最後は尚が蓮においしくネタ晴らしをしてしまったところで次回へ。あいかわらず引きがいいですね。そしてやっぱりBGMがFF8のホテル思い出します。
拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

05 ≪│2021/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル