QLOOKアクセス解析

獣の奏者エリン 第26話

2009.07.08 *Wed
近づく距離。

エリン達の暮らす寄宿舎では夏休みが始まり、それぞれ生徒達は実家に帰ったり、煩悩から逃げるようにどこかへ行ったりしていました。でもエリンはリランのためにここに残り、2人は濃密な時間を過ごします。
とにかくトムラとリランがかわいすぎました。トムラはもはや萌えキャラと化していて、デレの加速が止まりません。エリンに好きな奴がいるのかと、勝手に勘違いして勝手にテンパる姿は乙女そのものでした。王獣まっしぐらのエリンに振りまわされるトムラ先輩が大好きです。

それにユーヤンと縦結びの人(←名前がややこしい)の話も学園ものっぽくてニヤニヤしました。縦結びの人には彼女がいるんだと、勝手に勘違いして勝手にテンパる姿が乙女そのもの。ユーヤンはやっぱりこの人のこと好きだったんですね。

普段はかなり大人びているエリンも、なかなか話を聞き出せないユーヤンに代わって本人に確かめるときは、これくらいの年齢の女の子同士な感じがでてました。でも王獣一直線のエリンがユーヤンの乙女心を理解できてたかは微妙です。

あとはツンっぽいメガネ君の優しさにほっこりしました。誰かがエリンに嫉妬して秘密を話してしまうんじゃないかと疑ってたけど、この生徒達の口から漏れることはないのかもしれないですね。まぁ夏休み中にうっかりってことはあるかもしれないけど。

そしてこんなに愉快な人間達の中でも、リランはかわいかったです。エリンへの懐きっぷりが愛しいと同時に、この2人は距離が近づけば近づくほど周りに脅かされてしまいそうなのが切ないですね・・・。

ここの場面のピアノ曲がまたいいんですよね。前も思ったけど、この曲の威力はものすごい。これからの過酷な未来を思わせるようでもあったし・・・。もうずっとエリンとリランとトムラの3人で暮らせればいい。
拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

05 ≪│2021/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル