QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

獣の奏者エリン 第37話

2009.10.01 *Thu
教導師として。

ついにエリンも先生デビューですか・・・。トムラ先輩が教導師見習いとして頑張ってただけに、エリンの昇進の早さには劣等感が刺激されました。劣等感とか嫉妬とか、そんなめんどくさい感情が渦巻きます。
今回のヒロインはツン全開な幼女シロン。シロンは女性でありながら教導師になれたエリンに強い対抗心を持っていて、エリンにも最初から反抗的な態度をとっていました。シロンは他の生徒よりも学問が優れてたし、成果を求めていたからこそ、他の人間とは違うアピールも強かったですね。

けどシロンの気持ちも少し分かります。エリンはすごいことを自然とやってる(ように見える)のに、自分には色々なしがらみがあって、ものすごい努力しなくちゃいけなくて、結果を早く出さなきゃいけなくて・・・。エリンも色々と苦労して努力もしてるなんてことは、傍目にはなかなか分かりません。

ただ、私はエリンに反発するキャラが出てきてほっとしました。シロンがエリンの生徒で子供じゃなかったら、もっと強力にエリンと衝突してくれたのかなぁ、なんてことも考えてしまったくらいだし。

それでもエリンが人間関係に悩む図なんてのは初めて見た気がするし、教導師になったからには王獣一直線でばかりもいられなさそうな流れが見えて、前よりも大人エリンに少し親近感が持てました。

そして頑なだったシロンがエリンを見直すきっかけになったリランの出産。でも個人的にあの出産シーンはちょっと神秘的にしすぎてるように感じました。受精シーンにかなりのインパクトを受けたので、出産シーンに期待しすぎたのかも。産みの苦しみはすごく伝わってきたんですけどね。

あと頑張る2人をみんなが思わず応援しちゃうシーンで、トムラ先輩のところでなぜか吹いてしまったりして。それにキリク先生が結局、普通にいい人っぽい感じになってたのがちょっと肩透かしです。

でもここまでエリンと対立するようなキャラが出てこないのは、ダミヤが後に控えてるからのようにも思えてきました。次回は波乱は必至らしいので、不謹慎ながら期待してます。それにしても命の誕生や命の受精、ソヨンみたいな命の喪失まで描かれるのがすごいですよね。
拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。