QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

獣の奏者エリン 第43話

2009.11.13 *Fri
理想と現実。

久々にトムラ先輩が登場して浮かれてたら、本編があまりに重苦しくて胃にきました。それに本編の辛い展開もこたえたけど、個人的にはトムラ先輩が妙にあっさりしたキャラになってたのも、地味にショックです。
これまでエリンとリランが築いてきた信頼は、種族の壁を越えて、お互いに年月を重ねながら、少しずつ育ててきたもののはず。けどその信頼関係が壊れるときは唐突に、そしてなんともあっけなく訪れました。

エリンの信念を理解してくれたハルミヤが亡くなってしまったことで、早速エリンとリランには、ラザルへ移れとの命が下ります。しかもその命を出したのは真王セィミヤの名前で、なおかつそのために派遣されてきた使者はリランを捕らえた者達。・・・どうもダミヤの影がちらつきますね・・・。

ただリランにとっては母親から引き離した張本人であり、(たぶん)音なし笛のトラウマを植えつけた張本人でもある使者達に、怒りを抑えきれるわけがありません。リランは使者その1を簡単にちぎって捨て、静止しようとしたエリンにまで、その牙を向けてしまいました。暴走したあのときのような姿で・・・。

結果的にエリンは左手の指を失うほどの大怪我をしてしまったけど、エリンにとって一番辛かったのは、暴走したリランを止めるために、音なし笛を吹いてしまったことですよね。あれだけ頑なに守り続けてきた信念も、目の前で人を襲い殺そうとしていたリランの姿の前に、自分の無力さを思い知らされたと思います。

それでもエリンにはなかなか感情移入しにくいけど、リランとの笑顔の日々が終わってしまった回想は、とても悲しいものでした・・・。幼い頃から見守ってきて、やっとの思いで心が通じ合えたのに、もうお互いに寄り添うことも、悲しいエリンを鼻先でなぐさめるリランも見れないのかと思うと・・・。

音なし笛を使うことがエリンの信念のぶれだとは思いません。でもエリンが今まで信じてきた考え方には、あくまでリランが自分に友好的な存在であることが前提にあったような気がします。闘蛇も王獣と同じように人間に命を握られてるけど、エリンは王獣のことだけしか考えてないように見えたし。

けどこのことをきっかけにして、エリンの中で闘蛇に対する見方も変わるのかな。自然のままの姿で育てたいと願いながらも、人間の言うことを聞く身体にさせてしまった闘蛇の子、なんて存在もいましたよね。

理想の実現のために、信念を曲げなければいけないこともあることを、身をもって知る形になったエリン。あくまで母親として尊敬していたソヨンの痛みも思い知らされて、首にかけていたソヨンの腕輪を母と同じところにかけたのかと思うと、なんとも胸が痛みます。エリンにミトンを渡したエサル先生もまた切ない・・・。

こんな感じで本編はひたすら重い空気でしたが、キリクが眠るエリンを痛々しく見つめるシーンで、キリクがエリンを運んだなら萌えるな・・・と思ったり、ただの同僚っぽくなったトムラ先輩がシロンとかとフラグ立ててたりしたら、萎えるもんなんてもんじゃないな・・・なんて思ったりもしました。キリク超生きてー。


君となら(初回生産限定盤)(DVD付)君となら(初回生産限定盤)(DVD付)
(2009/10/21)
松たか子忌野清志郎

商品詳細を見る
拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。