QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

青い文学 第12話「地獄変」(最終話)

2010.01.04 *Mon
反逆の良秀。

アニメ青い文学シリーズのトリを務めるのは、こちらも芥川作品の短編から「地獄変」。アニメでは「蜘蛛の糸」と「地獄変」は同じ世界観で語られたので、原作の日本的な世界は異国風味な世界に変わりました。
さて地獄変。こちらも前回と同じように、原作と違うからヤダヤダ!な感想です。

流れ的には蜘蛛の糸が前座扱いっぽくなってたけど、同じ世界観だと国王のキャラクターが掴みやすいので、分かりやすいと言えば分かりやすくなってはいたんでしょうか。けど蜘蛛の糸での民の暮らしぶりなんかと、地獄変での民の様子は微妙に違ってた気はしました。

2つの作品に共通してるのは、国王が徹底的にアホの子暴君だったこと。これだけダメっぷりが明らかだと、カンダダが王を殺そうとしても国民の支持は得そうな感じがしたし、良秀も王の暴挙による精神的ダメージで歪んじゃった感じがしたし、カンダダも良秀も共感しやすい人間として描かれてた印象でした。

正直私も原作読んだとき「なんでこうなるの?お殿様はこんなことするような人だったの??親父最悪すぎるやろー」て感じだったので、この作品をアニメ化するとか思いきった事するなぁと思ってました。文章でここまで迫力があるんだから、映像のインパクトで見せるのはかなり難しいだろうな、と・・・。

そして実際に見てやっぱり難しさは感じました。迫力不足なのは言わずもがな、王様が最初から悪役として描かれてるので「どうしてこうなった」という感じがしないし、良秀がそこそこ見栄えもする正義の感覚を持った人で、芸術家の狂気的なものが薄かったことが一番の不満でした。

それに娘に関する描写も足りなかったと思います。良秀の狂気の前に国王の狂気があるので、インパクトも薄れてたし、猿が出てこないのは仕方ないけど、良秀が絵の事になると常軌を逸するところや、普通の親として娘を愛した感情は、ちゃんと描いてほしかったです。王ばかり出すんじゃなくて。

なんか良秀の正義感が強かったからこそ、王の毒気に当てられましたとか、娘も良秀の想いに共感してたので、同意の上で炎上しましたとか、悪い王様は最後に罰を受けましたとか、話が綺麗にまとまりすぎてて逆に納得できなかったです。芸術家がどうとか言うより、悪の王をとっちめる話でした。

アニメとしてのアレンジがあるのはいいと思うけど、やっぱり原作のでっかいテーマは残しておいてほしいです。読者によって解釈が違うのは当然なんですが、私は「アニメ化するなら分かりやすくしよう」ではなくて、「アニメだからこその表現をしよう」という走り方を期待してました。

では最後に、個人的に好きな話の順にチラッと振りかえります。

「走れメロス」
原作を尊重しつつ、主役2人の心情に説得力を持たせるドラマとして、本当に最高の物語でした。

「人間失格」
ほぼ原作準拠。堀木が常識人っぽい感じだったことにちょっとイラっときたけど、全体のクオリティの高さが凄まじかったです。それに男女の絡みをあそこまで映像化したことに衝撃をうけました。葉蔵を第三者的に見てたので、葉蔵に感情移入することは出来なかったけど、この作品の映像化としてはあり。

「桜の森の満開の下」
原作未読。ギャグの部分は苦手だったけど、ミュージカル仕立てだったのは良かったと思います。

「蜘蛛の糸」
感想では文句ばっかり言ったけど、お話としてはまとまってるかと。

「地獄変」
映像は綺麗だったかと。

「こころ」
解釈の違い。

以上、こんな感じでした。文句は言いまくったけど、色々な監督の作品を同一シリーズで見るのは楽しかったので、この企画はまたやってほしいですね。出来ればもうちょっと明るめの作品で。走れメロスは本当に素晴らしかったけど、メロスは最後に救いがあったので、見てる方も気持ちよく終われたと思うので。

それに声の仕事は声優さんに任せてほしい私でも、堺さんは見事に演じられていたと思います。特に葉蔵のような線が細くて病んでる感じのキャラは最高にハマってました。次やるなら声優さんで作ってほしいけど、主人公縛りでなければ続投もありかも。スタッフ・キャストの皆さん、本当にお疲れ様でした!


青い文学シリーズ 地獄変/蜘蛛の糸 (Blu-ray Disc)青い文学シリーズ 地獄変/蜘蛛の糸 (Blu-ray Disc)
(2010/06/25)
不明

商品詳細を見る
拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。