QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

戦う司書 The Book of Bantorra 第17話

2010.01.29 *Fri
帰ってきた男。

こうして改めて見てると、ヴォルケンは正統派の主人公キャラなんですよね。暑苦しいほどに正義を信じていて、体当たりで信念を貫こうとして。でもこの作品の世界では、彼は浮いてしまう存在なんですよね・・・。
今回はOPとEDが新しくなってました。前のOPは2パターンあったので、なんとなく頻繁に変わってる印象があります。新OPはなんか爽やかというか、明るくなった感じがしました。まるで正しい者と正しくない者が分かりやすいアニメのようだなぁ、なんて思ったりもして。EDは胸フェチ向けから背中フェチ向けへ。

ヴォルケンは10話ぶりくらいに帰ってきたわけですが、前よりも正義へのこだわりは強くなってたようでした。代行が「いい顔になった」とか言ってたのも、自分の正義を貫くためにするべきことがはっきりしたので、意思が定まったゴリゴリした目になったってことかと。上滑り感は悪化してるんですけどね。

そしてヴォルケンと言えばミレポ。ミレポは当然ヴォルケンのことを忘れてるんですが、ヴォルケンがそのことに気付いたときの反応が良かったです。ミレポの性格を知ってるからこその、優しさと切なさというか・・・。

さて今回の主役はヴォルケンだけではなく、あのレナスさんも意外に重要な役どころで登場してきました。今の「レナス」としての人格を形作っているのは、もちろんモッカニアの母の記憶なんですが、この身体はもともとは「肉」として生かされてた女性のものでした。言うならばこの元「肉」の女性が本家ってことかな。

けどこの本家が出てくるきっかけになってしまったのは、ノロティ命のエンリケの揺さぶりだったってのが皮肉ですね。本家の人格は「また魔女か」と不安になったほど、荒々しい性格をしてました。優しげで儚げなレナスさんとは真逆の印象ですね。どっちかと言えば代行寄りの気質というか。

冒頭から視聴者をドン引きさせる要因になった代行の悪行も、この人を消すために行われたことだったようで。それだけ武装司書の影の部分、もしくは世界の真理部分まで深く関わってる人物なんでしょうね。

けど気になるのは、ヴォルケンが無邪気に他人を信じてしまう、キラキラした人であること。おじいちゃんも言ってたけど、ヴォルケンはあまりに正義や仲間を信じすぎてるのが、たまらなく不安になります。前代行は実は始末屋のバイトをしてたこととか、ラスコールの裏事情とか、知らなさそうだし・・・。

同じように不安だったミレポは、マットがミレポの能力を高く評価してるし、代行の毒牙から守ろうとしてる感じもするので、たぶん大丈夫なんじゃないかと思えるんですけどね。けどヴォルケンには守ってくれる人もいなさそうだし、人を殺す覚悟という意味でミレポと差がついた以上、いい想像が出来ません。

それにエンリケがノロティを大事に思えば思うほど、代行がなんかやらかしそうなのが怖いです。前に「エンリケを本気にさせるためなら、エンリケの大切なものを壊してもいい」みたいなことを言ってたのが、ジワジワ効いてきた感じ。けどさすがに、正義や甘さを持つキャラを全員殺すことはない、と思いたい・・・。


戦う司書と追想の魔女 BOOK5 (集英社スーパーダッシュ文庫)戦う司書と追想の魔女 BOOK5 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2006/12/20)
山形 石雄

商品詳細を見る
拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。