QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
EDIT | 

戦う司書 The Book of Bantorra 第20話

2010.02.19 *Fri
絶望的な戦い。

今回の作画は最初からすごく綺麗で、ぬるぬる動きまくってました。・・・この時点で今回は重大なことが起きるのは予想できたけど、いざ絶望的な展開になったことを知ったときは、さすがに心が折れました・・・。
もうね・・・ヴォルケンの死も痛かったのにノロティまでとか・・・。しかも、そこそこ最期の見せ場もあったヴォルケンに比べて、ノロティの死はかなり淡々と既成事実として語られていくのが、尚更辛かったです。

ヴォルケンやノロティのようなキャラクターって、こういう世界観には絶対必要な人達だと思ってました。個性的な面子が揃ってはいるけど、表側の武装司書としての役割を本気で実行しているキャラというか。

こういうキャラがいるからこそ、代行のうさんくささや武装司書の二面性が際立つと思うし、なにより視聴者的には数少ない共感できるキャラなので、こういう視点がいるのはありがたかったんですよね。甘いとは思うけど、理解はできる思考回路の人達だったし、武装司書として生きる人達の深みが出てたと思います。

そんなところにノロティ死亡とか、ほんとやりきれなくて胃が痛い・・・。ノロティは危ないところにいるなぁと不安だったけど、なんやかんやでエンリケが守ってくれると思ってたのに、どうして信じたエンリケ・・・。

なんかヴォルケンのときよりダメージが大きくて、こういう感じの感想になってますが、バントーラもかなり追い込まれてて、見応えがありました。理由は分からないけどバントーラに宣戦布告する各国とか、ノロティが世界の真理に近づいたらしいこととか、死にたがりの少年というタイトルに納得したこととか。

まぁエンリケはノロティの本を頼りに、ノロティの痕跡を追ってくれてる感じだから、ノロティの詳細は次回なんだろうな・・・。そういえばノロティの本をエンリケに届けたラスコールも、こういう行動をするのがちょっと意外な感じがしました。各国を煽ったのは楽園管理者っぽいけど、ラスコールは中立の立場なのかな。

原作は最近完結したらしいので、是非ともアニメでは最後までやってくれることを期待してます。ノロティが死ななければいけない理由は、かなり力入れて描写してくれないと、なかなか納得できないと思うので。

でもノロティの動きは結構ウザかった。


Dominant space::TVアニメ『戦う司書 The Book of Bantorra』新ED主題歌Dominant space::TVアニメ『戦う司書 The Book of Bantorra』新ED主題歌
(2010/02/10)
結城アイラ

商品詳細を見る
拍手する
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 軒下倉庫 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

最近の記事



ブログ内検索



カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

茶葉

Author:茶葉
アニメの感想を中心に、ゲーム、漫画、スポーツ、たまに時事ネタなど、思いつくまま雑多に書きちらしてます。辛口風味だけど、愛はある。はず。

自選ベスト/アニメ/SFC/PS



カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RSSフィード



最近のトラックバック



最近のコメント



相互リンク

このブログをリンクに追加する



動画配信サイト



バンダイチャンネル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。